昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集(Hukumusume fairy tale collection) > 日本昔話(Japanese classical stories) >5月(May)

あまのじゃくくらべ

あまのじゃく比べ
Bloody-mindedness Comparison

彦一(ひこいち)話 → 彦一について(Introduction to Hikoichi)

日本語(Japanese)  ・英語(English)日本語(Japanese)&英語(English)

英訳翻訳者 花田れん

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

♪音声配信(html5)
朗読者 : てるみー&えいみー 応援サイト : みんなで元気に!

 むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。
 Once upon a time, there was a very clever child named Hikoichi.


 彦一の村には、金作(きんさく)という、とてもつむじ曲がりのおじいさんが住んでいます。
 There was a very cantankerous old man named Kinsaku in the village where Hikoichi lived.

 この金昨は、人が山と言えば川と言うし、右と言えば左と言うような人です。
 This Kinsaku was the kind of person who, when others said mountain, he said river, and when others said right, he says left.

 そんな金作にすっかり困り果てた村人たちが、彦一のところにやって来ました。
 The villagers, who were completely troubled by Kinsaku, came to Hikoichi and said,

「のう、彦一。お前さんのちえで、金作じいさんのつむじ曲がりを治してくれないか」
''Hey Hikoichi, can you use your wisdom to cure Grandpa Kinsaku's attitude of being cantankerous?"

「わかった。おらにまかせておくれ」
"Okay, I'll take care of it.", Hikoichi replied.

 次の日、彦一は金作じいさんのところへやって来て言いました。
 The next day, Hikoichi came to Grandpa Kinsaku and said,

「金作じいさん。いい天気だね」
"Kinsaku Grandpa. It's a nice day."

「おう彦一か。なにが、いい天気なもんか。こんなに日が照っていては道が乾いて、ほこりがたってしょうがないわい。どうせなら、雨でも降ればいいんだ」
"Oh Hikoichi? There's nothing like a nice day. The road is so dry and dusty in this sunny day. If it's like this, I hope it rains."

「おやおや、さすがは有名なあまのじゃく」
''Well, well, well, that's the famous bloody-mindedness.”


 彦一は首をすくめると、金作じいさんに言いました。
 Hikochi shrugged and said to Grandpa Kinsaku,

「ねえ、じいさん。明日からおれと、あまのじゃく比べをしようじゃないか」
“Hey, Grandpa. We'll do a bloody-mindedness comparison starting tomorrow."

「なに、あまのじゃく比べだと」
"What? Bloody-mindedness comparison?"

「そうだよ。お互いに何を言っても『うん』って返事をしないで、反対の事を言うのさ。じいさん、得意だろ?」
''That's right. No matter what we say, we don't say "yes". We must say the opposite. Grandpa, you're good at this, aren't you?"

「アハハハハハッ。とんち小僧が何を考えているのかは知らんが、わしは子どもの頃からのあまのじゃくじゃ。あまのじゃく比べで、わしにかなうわけがなかろう」
''Ahahahahahaha, I don't know what this witty kid thinks. I've been bloody-minded since I was a child. You can't beat me in a bloody-mindedness comparison.”

「さあ、それはどうかな? とにかく、明日からあまのじゃく比べをしよう」
"Well, I don't know about that. Anyway, let's start bloody-mindedness comparison tomorrow."

「ようし。受けて立とう。その代わりわしに負けたら、二度ととんち小僧なんて言わせんぞ」
"All right. Let's do it. But if you lose, I'll make sure you will never be called a witty kid."

「いいとも」
"Of course."

 さて、次の朝、金作じいさんは川へ魚釣りに行きました。
 The next morning, Grandpa Kinsaku went to the river to catch fish.

 そしてすぐに、カゴに一杯の魚が釣れました。
 And soon, he had a basket full of fish.

「さあ、ずいぶん釣れたぞ。さて、帰るとしようか」
"Now, I've caught a lot of fish. And I’m ready to go home."

 金作じいさんが帰ろうとすると、そこへ彦一がやって来て尋ねました。
 When Grandpa Kinsaku was about to leave, Hikoichi came and asked him,

「やあ、じいさん、魚釣りかい?」
“Hey old man, are you fishing?”

 ここで 『うん』と答えたら、あまのじゃく比べに負けてしまいます。
 If he would answer "Yes", he would loses the bloody-mindedness comparison.

 そこで金作じいさんは、
「なあに。魚を捨てに来たのさ」
と、答えて、魚の入ったカゴをポンと投げ捨てました。
 So Grandpa Kinsaku replied, "Hey I'm here to dump the fish." He threw away the basket full of fish.

 すると彦一は、ニッコリ笑って、
「もったいないな。捨てた魚なら、おらが拾っていこう」
と、魚のカゴをかついで、さっさと行ってしまいました。
 Then Hikoichi grinned and said, "It's a waste. If you throw away a fish, I'll pick it up." Then, he quickly grabbed a basket of fish and went away.

「彦一め! よくもやったな!」
"Hikoichi! How dare you!"

 金作じいさんは、地面を蹴って悔しがりました。
 Grandpa Kinsaku kicked the ground in frustration.


 次の日、金作じいさんは彦一が田んぼで稲刈りをしているのを見つけました。
 The next day, Grandpa Kinsaku found Hikoichi harvesting rice in the rice field.

「しめたぞ。あの稲を取り上げてやろう」
"Yes! I'll take that rice away from him."

 金作じいさんは、彦一のところへやって来て、
「おう、彦一。稲刈りか?」
と、声をかけました。
 Grandpa Kinsaku came up to Hikoichi and called out to him, "Oh, Hikoichi, are you harvesting rice?"

 彦一も、ここで『うん』と言ったら負けになるので、
「いいや、稲捨てだよ」
と、答えました。
 If Hikoichi would also say "Yes", he would lose. He replied, "No, I am throwing rice away".

 それを聞いた金作じいさんは、うれしそうに笑うと、
「捨てた稲なら、わしが拾っていこう」
と、彦一が刈った稲をみんなかついで、村の方へ持って行きました。
 When Grandpa Kinsaku heard this, he smiled happily and took all the rice that Hikoichi had harvested to the village. "If you throw away the rice, I'll pick it up."

 すると彦一は、平気な顔で金作じいさんのあとについて歩きます。
 Then Hikoichi walked after Grandpa Kinsaku with an unconcerned look on his face.

 そして自分の家の前まで来ると、
「じいさん。おらの田んぼに稲を拾いに行ったのかい?」
と、尋ねました。
 And as he came to his own house, he asked, "Grandpa. Did you go to my rice field to pick up rice?"

 金作じいさんは、
「いいや。稲刈りに行ったのさ」
と、答えました。
 Grandpa Kinaku replied, "No. I went to reap the rice."


 それを聞いた彦一は、にっこり笑うと、
「アハハハハハッ。借りた物なら、返しておくれよ」
と、言って、金作じいさんが運んできた稲をみんな取り返してしまいました。
 Hearing that, Hikoichi grinned and said, ''Ahahahahahaha. If you owe me something, you owe me back.” He took back all the rice that Grandpa Kinsaku had brought with him.

 これでは、金作じいさんは彦一の稲を田んぼから家まで運んでやったようなものです。
 This means that Grandpa Kinsaku carried Hikoichi's rice from the rice field to his house.

 さすがの金作じいさんも、これにはすっかりまいってしまいました。
 Grandpa Kinsaku was totally beaten by Hikoichi.

「いやいや、お前は大したとんち小僧だ。この勝負は、わしの負けだ。もうこれからは、あまのじゃくは言わない事にするよ」
"No, no, no, you're such a witty kid. I'm going to lose this game. From now on, I'm not going to say anything about that."

 その日から金作じいさんは、とても素直なおじいさんになったということです。
 Since that day, Grandpa Kinsaku has become a very honest old man.

おしまい
End

ワンポイントアドバイス。Good medicine is bitter to the mouth.

前のページへ戻る
(Click here to return)

     5月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
日本気象協会設立記念日
きょうの誕生花
石楠花(しゃくなげ)
きょうの誕生日・出来事
1993年 志田 未来 (女優)
恋の誕生日占い
小悪魔的な魅力と上品さを兼ね備える
なぞなぞ小学校
きれいな声でなくイスは?
あこがれの職業紹介
女子プロレスラー
恋の魔法とおまじない 131
落ち込んだ気持ちをリフレッシュさせるおまじない
  5月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
あまのじゃく比べ
きょうの世界昔話
カムイルの冒険
きょうの日本民話
カッパのトゲ抜き薬
きょうのイソップ童話
ライオンとロバとキツネ
きょうの江戸小話
うどん
きょうの百物語
おぶさりてえ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識