福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 8月の日本昔話 >お月さまが見ているよ

8月21日の日本の昔話

お月さまが見ているよ

お月さまが見ているよ
岐阜県の民話岐阜県の情報

にほんご(日语)  ・にほんご(日语)&ちゅうごくご(中文)

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
お月様の折り紙つき    南瓜の折り紙かぼちゃ

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、あるところに、お父さんと男の子が二人で暮らしていました。
 お母さんが亡くなったので、お父さんは一人で男の子を育てているのです。
 お父さんは男の子をとても可愛がり、山へ仕事に行く時も、町へ出かける時も、いつも男の子を連れて行きました。

 さて、ある月夜の晩の事です。
 町へお使いに行っての帰り道、お父さんがふと横の畑を見ると、おいしそうなカボチャが顔を出していました。
 お父さんはそのカボチャが食べたくなり、男の子に言いました。
「おい、誰か見ている者がいたら、すぐに知らせろよ。お父さんが、今からカボチャを取ってきてやるからな」
「うん。わかった」
 男の子が返事をすると、お父さんは畑の中に入って行きました。
 するとそのとたん、男の子が言いました。
「だめ! お父さん、見ているよ」
「えっ!」
 お父さんはびっくりして、畑の中にしゃがみ込みました。
 でも周りには、人のいる様子がありません。
 お父さんは畑から立ちあがって、男の子に言いました。
「何を言っているんだ? 誰も、見ていないじゃないか」
 すると男の子が、空を指差して言いました。
「ほら、お月さまが見ているよ」
 お父さんが空を見上げると、大きな満月が二人を照らしています。
「そうか、なるほど。確かに、お月さまが見ているよな。・・・ありがとよ、お月さま」
 お父さんはカボチャを盗むのをやめると、男の子と手をつないで帰りました。

おしまい

前のページへ戻る


     8月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
献血記念日
きょうの誕生花
時計草(とけいそう)
きょうの誕生日・出来事
1971年 萩原聖人(俳優)
恋の誕生日占い
おしゃべり上手で、ユーモアセンスが抜群
なぞなぞ小学校
羊が大きくなると、どうなる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
製薬開発者(薬学研究者)
恋の魔法とおまじない 234
金運アップのおまじない
  8月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
お月さまが見ているよ
きょうの世界昔話
ゾウとヤギの大食い勝負
きょうの日本民話
さか別当の浄土
きょうのイソップ童話
腹のふくれたキツネ
きょうの江戸小話
かさ売り
きょうの百物語
井戸から聞こえる悲鳴
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識