福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 > テングの羽うちわ

10月27日の日本の昔話

テングの羽うちわ

テングの羽うちわ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
うちわの折り紙うちわ   サイコロの折り紙さいころ

 むかしむかし、あるところに、ふく八という、とんちの上手な男がいました。

 ある日の事、ふく八はテングが住んでいるという、テング山へ行きました。
 そして、大きなサイコロをころがしては、
「うわっ、見える見える、江戸が見えるぞ。京が見えるぞ」
と、おもしろそうに大声で言いました。
 それを聞いたテングが、ふく八に言いました。
「おい、ふく八、おれにもそれを貸せ!」
「いやだ」
「おれは、テングだぞ」
「いやだっと言っているだろう。こんなおもしろい物を、そう簡単に貸せるものか」
「・・・お前は、テングがこわくないのか?」
「テングなんか、こわくないよ。それより、このサイコロはおもしろいな。ころがしさえすれば、どこでも見えるのだから。・・・うわっ、今度は大阪が見えるぞ」
 ふく八は、サイコロに一生けんめいです。
「おい、ふく八。お前には、こわい物がないのか?」
「あるよ。おれのこわい物は、ぼたもちだ」
「へえ、あんなおいしい物を?」
「ああ、名前を聞いただけでも、ゾゾッとする。テングさん、あんたは何がこわい?」
「おれは、トゲのあるカラタチ(→中国原産のミカン科の落葉低木)だ」
「しめたっ!」
「??? ・・・なにが、しめたじゃ?」
「いや、何でもない。それより今度は、奈良の大仏が見えるぞ」
 ふく八は、おどりあがって喜びました。
 その様子を見ていたテングは、そのサイコロがほしくてたまりません。
「なあ、お前のサイコロとテングのうちわを交換しないか? このテングのうちわであおぐと、鼻が高くなったり低くなったり出来るぞ」
「うそつけ、そんな事が出来るものか」
「なら、見てろよ」
 テングは、ふく八の鼻をあおぎながら言いました。
「ふく八の鼻、高くなれ、高くなれ」
 するとふく八の鼻はグングンのびて、向こうの山へつきそうになりました。
「わあ、早く元に戻してくれ」
「それじゃあ、このうちわとサイコロと取り替えるか?」
「しかたがない、取り替えるから、はやく鼻をちぢめてくれ」
 こうしてふく八はテングのうちわを手に入れると、逃げるように帰っていきました。

 サイコロを手に入れたテングは、うれしそうに言いました。
「まずは、京の都を見物しようかな」
 テングはサイコロをころがしましたが、何も見えません。
「おや? おかしいな、もう一度」
 テングは何度もサイコロをころがしましたが、いくらやってもだめです。
 テングはようやく、ふく八にだまされた事に気がついたのです。
「よくもだましたな! この仕返しをしてやるぞ!」
 テングはふく八が苦手だと言っていたぼたもちをたくさん用意すると、ふく八の家ヘ出かけました。
 するとふく八の家の回りには、テングの苦手なカラタチがたくさん立ててあります。
「ぬぬっ、これでは家に近寄れん」
 テングは仕方なく、外からふく八の家の中へぼたもちを投げ入れると、
「そら、こわがるがよい」
と、言って、帰っていきました。
 するとふく八は、
「これはうまそうだ。いただきまーす」
と、ぼたもちをたらふく食べました。

 それからのち、ふく八はテングのうちわを使って、鼻が低くて困っている人の鼻を高くしてやり、鼻が高くて困っている人の鼻を低くしてやって、みんなからとても喜ばれたということです。

おしまい

前のページへ戻る


    10月27日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
テディベアの日
きょうの誕生花
七竈(ななかまど)
きょうの誕生日・出来事
1966年 高嶋政伸(俳優)
恋の誕生日占い
行動力があり、勉強も遊びも出来る天才肌
なぞなぞ小学校
3月3日にする釣りは?
あこがれの職業紹介
パチンコ店(スタッフ・店員)
恋の魔法とおまじない 301
トランプ恋占い
 10月27日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
テングの羽うちわ
きょうの世界昔話
不思議なブドウ
きょうの日本民話
洪水から村をすくった若者
きょうのイソップ童話
眠っているイヌとオオカミ
きょうの江戸小話
鬼のたまご
きょうの百物語
イヌが鳥を殺した罰
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識