福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 10月の百物語 > イヌが鳥を殺した罰

10月27日の百物語

イヌが鳥を殺した罰

イヌが鳥を殺した罰

 むかしむかし、中国から送られた二羽のガチョウを、役人(やくにん)たちが天皇(てんのう)の元へ届けようとしていました。
 ところがガチョウをあずかっていた役人のイヌが、ガチョウに噛み付いて二羽とも殺してしまったのです。

 その時の天皇は怖い人で、いくつもの恐ろしいうわさがありました。
 ある時、天皇は好きな狩りに出かけて、たくさんの獲物(えもの)を捕らえました。
 それに気を良くした天皇は、従えて来た者たちに言いました。
「狩りの楽しみは、捕らえた獲物をすぐ料理して食べる事だ」
 しかし誰も、自分が料理をすると言い出しませんでした。
 もしも天皇が料理を気に入らなかったら、罰を受けるかもしれないからです。
 すると天皇は怒って、いきなり(かたな)を抜いて近くにいた者を切り殺してしまったのです。
「今の天皇は勝手が過ぎる! これまでにも気に入らないというだけで、何人もの人を殺していると聞く」

 そんなわけでガチョウを殺したイヌの飼い主の役人は、死罪(しざい→死刑)を命じられても仕方がないと覚悟を決めました。
(自分は殺されても仕方がないが、せめて家族の者に罰がおよばないようにしなくては)
 そこで役人は正直に事の次第を伝えると、おわびにと自分の屋敷で飼っている十羽の白鳥を御所(ごしょ→天皇の住まい)に贈ったのです。
 すると天皇は白鳥を気に入って、御所からは何のおとがめもありませんでした。

 次の年、御所で飼われていた鳥が、やはりイヌに襲われて死んでしまいました。
 怒った天皇は係の役人の顔にイレズミの罰(ばつ)を命じて、役職(やくしょく)も奪ってしまいました。
 これを知った役人仲間の二人が、天皇のやり方を非難しました。
「我らが生まれ育った信濃(しなの→長野県)では鳥が多く、捕ればすぐに小山ほどにもなる。
 それなのに、たった一羽の鳥がイヌにやられたと怒り、人の顔にイレズミをなさるとは、どう考えてもおかしい。
 今の天皇は、悪い天皇だ!」
 するとこの話が天皇の耳に届き、天皇は二人に命じました。
「それならば、すぐに鳥を捕らえて、小山の様にしてみよ」
 けれどもそれが出来ないとなると、天皇はその場で二人の役職を取り上げて、御所から追い出してしまいました。

おしまい

※ガチョウが初めて日本にやって来たのは今から千五百年以上も前の事で、中国から天皇(てんのう)に贈られたのが最初だと言われています。

前のページへ戻る


    10月27日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
テディベアの日
きょうの誕生花
七竈(ななかまど)
きょうの誕生日・出来事
1966年 高嶋政伸(俳優)
恋の誕生日占い
行動力があり、勉強も遊びも出来る天才肌
なぞなぞ小学校
3月3日にする釣りは?
あこがれの職業紹介
パチンコ店(スタッフ・店員)
恋の魔法とおまじない 301
トランプ恋占い
 10月27日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
テングの羽うちわ
きょうの世界昔話
不思議なブドウ
きょうの日本民話
洪水から村をすくった若者
きょうのイソップ童話
眠っているイヌとオオカミ
きょうの江戸小話
鬼のたまご
きょうの百物語
イヌが鳥を殺した罰
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識