福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 > ほうびの米俵

11月10日の日本の昔話

ほうびの米俵

ほうびの米俵
彦一(ひこいち)話 → 彦一について

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。

 殿さまが死んで若さまが殿さまになってから、何年かたったある日の事です。
 彦一の家に、お城から使いが来て言いました。
「殿さまが、お前にほうびをつかわすそうじゃ。城にまいるがよい」
 それを聞いて、彦一は首をひねりました。
「はて、何をくださるおつもりじゃろ?
 若さま、・・・いや殿さまは、気前(きまえ)が良いからな。
 ほうびがたくさんあると持ちきれないから、ねんのためにウシをひいていこう」
 彦一が牛をひいてお城にあがると、殿さまが言いました。
「これ、彦一。ちこうよれ。そちのとんちのかずかず、あいかわらず城でもひょうばん。おかげで、父上なきあとのこの城もほがらかじゃ。よって、ほうびをとらす」
「はーっ、ありがたき幸せにぞんじます」
「では、彦一へのほうびをもて」
 お殿さまが手をたたくと、家来が一本の刀と米俵(こめだわら)を持ってきました。
(何だ、米俵は一つか)
 どうせなら米俵をもう一俵ほしいと思った彦一は、牛の背中の片方に刀をくくりつけ、もう片方に米俵をくくりつけました。
 刀は軽いけれど米俵はズッシリと重いので、牛はバランスがとれません。
 牛は体がななめになって、うまく歩くことが出来ませんでした。
 彦一はそれを見てにんまり笑うと、わざと牛にむかって怒り出しました。
「こら! お前というやつは牛のぶんざいで、お殿さまからいただいた片方のごほうびを重んじ、もう片方をかろんずるつもりか! さあ、はやく歩かんか!」
 しかし牛はうまく歩けず、ついに座りこんでしまいました。
「はて、これはこまった。せっかくお殿さまからいただいたごほうびをなのに。ここにもう一俵の米俵があれば、牛はうまく歩けるのだが」
 彦一がわざとこまっていると、お殿さまが家来に言いつけました。
「彦一に、米俵をもう一俵つかわしてやれ。・・・やれやれ、まったく大したとんちだ」
 牛は米俵を左右につけてもらうと、今度は調子よく歩き出しました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
トイレの日
きょうの誕生花
紅葉(もみじ)
きょうの誕生日・出来事
1985年 三浦 貴大 (俳優)
恋の誕生日占い
合理的に物事を考える知的なお姉さん
なぞなぞ小学校
起きていると、絶対にかけない物は?
あこがれの職業紹介
システムエンジニア
恋の魔法とおまじない 315
勉強の効率アップ
  11月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ほうびの米俵
きょうの世界昔話
タイコじいさん
きょうの日本民話
もちの白鳥
きょうのイソップ童話
サルの子どもたち
きょうの江戸小話
ねこのこわいろ
きょうの百物語
離魂病(りこんびょう)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識