福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 >へくさ穂(ほ)

11月12日の日本の昔話

へくさ穂(ほ)

へくさ穂(ほ)
和尚と小僧の笑い話

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある山寺に、和尚さんととんちのきく小僧さんがいました。

 ある日、二人はそろって粟(あわ)の穂(ほ)を取りに出かけました。
 ところが小僧さんは大きくて取りやすい物ばかり選んで、小さくて取りにくい穂は全部残していきます。
 それを見た和尚さんが、小僧さんに注意しました。
「こら! なまけないで、小さい穂も取りなさい」
 すると小僧さんが、負けじと言い返しました。
「和尚さま。
 この小さい穂はへくさ穂といって、とてもくさくて食べられたものではありません。
 だからわたしは、わざと取らないようにしているのです」
「ほう、そうか。なら、へくさ穂がどれだけくさいか、わしが試してやる」
 こうして大きい穂の粟飯と小さい穂の粟飯をたきわけて、へくさ穂と言われた小さい穂がどれだけくさいかを試すことになったのです。
 もちろん、へくさ穂なんてうそだったので、小僧さんは困ってしまいました。
(どうしよう。小さい方がくさくないと、和尚さまに怒られてしまう。なにか、うまい方法は・・・。そうだ)
 ゆらゆらとおいしそうに炊きあがる湯気を見て、小僧さんはある名案を思いつきました。
 小僧さんは小さい穂の粟飯のおかまのふたを開けると、
(へっへへ。これならくさくなるぞ)
と、お尻を突き出して、
♪ぷーー
と、おならをして、すぐにふたを閉めたのです。

 さて、粟飯が炊きあがると、小僧さんは何くわぬ顔で和尚さんを呼びました。
「さあ、和尚さま。わたしの言葉が嘘か本当か、しっかりと確かめて下さい」
「ほう。自信ありげだな。だが、ふたを取ればわかることだ」
 和尚さんはまず、へくさ穂のなべのふたを取りました。
 すると湯気と一緒に、小僧さんがしたくさいおならのにおいがぷーんと立ち上って来ました。
「うむ、確かにこれはくさい」
 次に大きい穂のなべのふたを取ると、こちらは美味しそうないいにおいです。
「なるほど。確かに、お前の言う通りだ」
 和尚さんはすっかり感心して、それからは大きな穂ばかり取らせたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     11月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
洋服記念日
きょうの誕生花
大文字草(だいもんじそう)
きょうの誕生日・出来事
1987年 高良 健吾 (俳優)
恋の誕生日占い
クラスで一番元気で活発
なぞなぞ小学校
ガラスに入れたら、取れない物は?
あこがれの職業紹介
プログラマー
恋の魔法とおまじない 317
親友をつくるおまじない
  11月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
へくさ穂(ほ)
きょうの世界昔話
魔法の本
きょうの日本民話
風呂屋の大黒さま
きょうのイソップ童話
弱虫の猟師と木こり
きょうの江戸小話
予約ずみ
きょうの百物語
床下に埋められた宝のつぼ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識