福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 12月の日本昔話 > タヌキの手習い

12月9日の日本の昔話

タヌキの手習い

タヌキの手習い

♪音声配信(html5)
音声 ☆横島小次郎☆

 むかしむかし、ある空き寺に、源哲(げんてつ)という名前の新しい和尚(おしょう)さんがやって来ました。
 村人たちは新しい和尚さんにあいさつをしようと、畑仕事を途中で終えるとお寺にやって来ました。
「こんにちは、和尚さん。・・・?」
「はて? どこにも、おらんようじゃが」
 村人たちが和尚さんを探すと、何と源哲和尚はお堂の屋根の上でお酒を飲んでいたのです。
 これには村人たちも、すっかりあきれて、
「坊主のくせに、昼間から酒を飲んでおるとは」
「あんなやつ、相手にしとれんわい」
と、みんな帰ってしまいました。
 村人たちからは相手にされなくなった源哲和尚ですが、裏山に住む子ダヌキたちには気に入られて、
「和尚さん。 おらたちに、何か教えてくれ」
と、子ダヌキたちは人間の子どもに化けて、遊びに来たのです。
「いいとも、いいとも。それじゃあ、読み書きを教えてやろう」
 子ども好きの源哲和尚は、子ダヌキたちに喜んで勉強を教えてやりました。

「和尚さん。お月さまって、どう書くんじゃ?」
「和尚さん。おらには、山と海じゃ」
 子ダヌキたちは熱心に勉強をして、読み書きがとても上手になりました。
 すると村の子どもたちもやって来て、一緒に勉強を教えて欲しいと言いました。
「ああ、遠慮はいらんぞ。仲間は多ければ多いほど、はげみになるからのう」
 こうして子ダヌキと村の子どもたちは、一緒に勉強をする様になりました。

 ある日の事。
 村の子どもたちが近くの川でとった魚を、源哲和尚に差し出しました。
「勉強を教えてくれる、お礼だよ。酒のさかなに、してくれろ」

 その日の帰り道、子ダヌキたちは集まって相談をしました。
「人間の子が、和尚さんに勉強を教えてくれるお礼をしたぞ。おらたちも、何かお礼をせんとな」
「ああ、恩は返さんとな。しかし、おらたちは何をする?」
「うーん。そう言えば和尚さんは、雨の日に酒を買いに行くのがなんぎじゃと言うとったぞ」
「それじゃ! 雨の日は、おらたちが酒を買いに行こう」

 それから雨の日になると、子ダヌキたちは人間の子どもに化けて酒屋にお酒を買いに行き、源哲和尚に届ける様になりました。
 ところが酒屋の主人が、雨の日に子どもたちがお酒を買いに来ると、お金の中に木の葉がまじっている事に気づいたのです。
「あの子どもたちは、きっとタヌキかキツネに違いない。今日こそは、尻尾をつかんでやる!」
 そうとは知らない子ダヌキたちは、いつもの様に木の葉をお金に変えてお酒を買いに行きました。
 すると酒屋の主人が店の入り口にカギをかけて、太鼓(たいこ)を『ドン!』 とならしました。
 いきなりの太鼓にびっくりした子ダヌキたちは、尻尾を出してタヌキの姿に戻ってしまいました。
「やっぱり、お前らはタヌキじゃったんだな! このいたずらダヌキめ!」
 酒屋の主人にひどいめにあわされた子ダヌキたちは、それからは二度と人前に姿を現さなくなりました。

 この話を聞いた源哲和尚は、ぽろりと涙をこぼしました。
「あの子たちが、タヌキじゃったとはな。よく勉強の出来る子どもたちだったのに、わしの為にかわいそうな事をした」
 でも、この事で村人たちは源哲和尚のやさしい人柄(ひとがら)を知り、それからはお寺に親しく行き来する様になったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月 9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
漱石忌
きょうの誕生花
月桂樹(げっけいじゅ)
きょうの誕生日・出来事
1978年 ISSA (歌手)
恋の誕生日占い
ヒロインにあこがれる女の子
なぞなぞ小学校
火の中にいる生き物は?
あこがれの職業紹介
水産技術者
恋の魔法とおまじない 344
魅力度アップのおまじない
  12月 9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
タヌキの手習い
きょうの世界昔話
アルキメデスの新兵器
きょうの日本民話
たばこのおかげ
きょうのイソップ童話
メスのライオンとキツネ
きょうの江戸小話
親父を焼いたせがれ
きょうの百物語
幽霊絵馬
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識