福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 > 幽霊の足跡

4月18日の百物語

幽霊の足あと

幽霊の足跡
大阪府の民話大阪府情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「つれづれ居士」  つれづれ居士

 むかしむかし、ある大きなお寺に、徳(とく)の高いお坊さんがいました。

 お坊さんがいつもの様に夕方のおつとめをしていると、一人の女の人が本堂(ほんどう)に現れて、お経(きょう)が終わるのを待ってから足音を忍ばせてお坊さんに近づくと、
「和尚さま。どうかわたしに、お経をあげてほしいのです」
と、言いました。
「あなたに?」
「はい。
 わたしは江戸の町に住む大工の妻で、名をお石(いし)と申します。
 実は、わたしは死んでいます。
 死んでから、まだこの世をさまよっているのです」
「何と、江戸の」
 お坊さんは江戸の女と聞いて、お石の事を思い出しました。
 実は一年ほど前に、お寺のご本尊を江戸へ運んで江戸の信者(しんじゃ)たちにお参りさせた事があります。
 このお石はその時、お経を読んだお坊さんの姿に深く感動していました。
「お石さん。よければ、詳しい話を聞かせてもらえないかね」
「はい」
 お石は、和尚さんに話し始めました。
「前に和尚さまにお会いしてからしばらくすると、わたしは病気になって、ずっとふせっていました。
 お金などありませんから、お医者にかかる事も出来ません。
 夫は家をあけたまま、どこで遊んでいるのかいっこうに帰って来ません。
 そのうちに病気は重くなり、わたしは誰にもみとられる事なく死んだのです。
 ですからわたしは、いまだに成仏が出来ません。
 そこで和尚さまにお経を読んでいただこうと、箱根山(はこねやま)を越え、やっとの思いでここまでやって来たのです」
 お石の話しに、お坊さんは胸を打たれました。
「そうでしたか。それではあなたが成仏出来る様に、お経をあげましょう」
 お坊さんは本尊(ほんぞん)にむかうと、お石の為に一心に祈りました。
 お石の幽霊(ゆうれい)は目に涙を浮かべながら、お坊さんの後ろで静かに座っていました。
 やがて供養(くよう)が終わると、お石は無事に成仏したのか、その姿が消えていました。
 そして近くのざぶとんには、お石が立った時についたのか、土によごれた女の人の裸足の足跡がはっきりと残っていました。
「お石さん。あの世でやすらかに、過ごされるといい」
 お坊さんは足跡のついたざぶとんに、手を合わせました。

 お石の足跡はいまも額におさめられて、そのお寺に伝えられているという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     4月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
発明の日
きょうの誕生花
アルストロメリア(Alstroemeria)
きょうの誕生日・出来事
1979年 上地雄輔(タレント)
恋の誕生日占い
行動力が抜群で、言葉より先に体を動かします
なぞなぞ小学校
携帯電話の中にいる海の生き物は?
あこがれの職業紹介
Webデザイナー
恋の魔法とおまじない 109
クラスのみんなが仲良くなるおまじない
  4月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
たわけ者と藪医者(やぶいしゃ)
きょうの世界昔話
神さまのけだものと悪魔のけだもの
きょうの日本民話
弘法さまの寄り木
きょうのイソップ童話
うそつき
きょうの江戸小話
おれがいない
きょうの百物語
幽霊の足跡
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識