福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 鬼の住むほら穴

6月11日の百物語

鬼の住むほら穴

鬼の住むほら穴

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、山深い谷の中ほどにあるほら穴に、四匹の鬼が住んでいました。
 鬼は村へおりてきては田畑を荒らし、時には女子どもをさらっていくのです。

 ある日、この鬼の話を聞いた坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)という武将が、大勢の家来を連れてやって来ました。
 田村麻呂(たむらまろ)の鬼退治の名人で、どんなに強い鬼でも必ずやっつけてしまうのです。
 田村麻呂の一行は村人たちの案内で、鬼の住むほら穴を目指しました。
 その山道の途中で、村人たちが言いました。
「この先の谷に、鬼がいるそうです。しかし恐ろしいので、村人でそこへ行った者はいません」
「そうか、ではここからは、我々だけで行こう」
 田村麻呂は馬をとめると、家来たちに武器の手入れを命じました。
 家来たちは弓のつるを張り直したり、よろいやかぶとで身をかためました。
 それから田村麻呂を先頭に、どんどん先へ進むと、谷の上に突き出た大きな岩の上で、鬼がのんびりと日なたぼっこをしていました。
「みんな、見つからぬ様に、身をかがめるのだ」
 田村麻呂は馬からおりて身をかがめましたが、目の良い鬼はすぐに気づいて、あわてて立ち上がりました。
「やや、おかしな連中が来るぞ。さてはわしらを、やっつけようというのだな」
 一匹の鬼が言うと、親分らしい鬼が大声を張り上げました。
「人間の分際で、わしらをやっつけようとは片腹痛いわ」
 すると田村麻呂も、負けずに言い返しました。
「田畑を荒らすだけならともかく、女子どもをさらうとは許せん! 必ずしとめてくれるわ!」
 田村麻呂の合図で、家来たちが次々と矢を射掛けます。
「ふん、こしゃくな」
 鬼は鉄棒を振り回して飛んで来る矢を叩き落としますが、さすがは田村麻呂の家来、どの矢も鋭くうなりをあげて飛んで行き、鉄棒をすり抜けて鬼の体へと突き刺さりました。
「げっ! 何という手練 れだ。これはまずい」
 鬼はびっくりして、その場から逃げ出そうとしました。
「それっ! 逃がすなー!」
 田村麻呂は自慢の長い刀を引き抜くと、すばやく岩の上へ駆け上って鬼の親分に切り付けました。
「ギャオオオオーーーーー!」
 刀で切り飛ばされた鬼の親分の首が、空高くはねあがりました。
 しかし、さすがは鬼の親分。
 空高くはねあがった鬼の親分の首は空中でくるりと向きを変えると、恐ろしい顔で田村麻呂めがけて飛びついて来ました。
 ですが田村麻呂が素早く身をかわしたので、鬼の首は近くの木の根元に噛み付き、最後の力で木の根元を噛み砕くと、そのまま動かなくなりました。
 そして残った三匹の鬼も家来たちによって切り倒され、ついに四匹の鬼退治がされたのです。

 その時、ほら穴の奥から人のすすり泣く声が聞こえてきました。
 家来たちがほら穴に駆け込んでみると、一人の女の子がフジ(→マメ科のつる草の総称)のつるで体をしばられたまま泣いていました。
 わけを聞くと、二日前に鬼にさらわれて来たそうです。
 しかし、それより前にさらわれた女子どもは、すでに鬼に食べられてしまった後なのか、どこを探してもいませんでした。

 こうして田村麻呂のおかげで鬼はいなくなり、村人たちは安心して暮らせる様になったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     6月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
雨漏り点検の日
きょうの誕生花
紅花(べにばな)
きょうの誕生日・出来事
1977年 山口もえ(タレント)
恋の誕生日占い
ネコの様に気まぐれで、ネコの様に愛される
なぞなぞ小学校
ノミが逆立ちすと、どんな虫?
あこがれの職業紹介
イベントコンパニオン
恋の魔法とおまじない 163
仲直り出来るおまじない
  6月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
絵から抜け出した子馬
きょうの世界昔話
ガリバーの冒険
きょうの日本民話
旅の泥棒
きょうのイソップ童話
ウシとガマ
きょうの江戸小話
かま泥棒
きょうの百物語
鬼の住むほら穴
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識