福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > ネコ女房

7月22日の百物語

ネコ女房

ネコ女房
沖縄県の民話沖縄県情報

 むかしむかし、沖縄には八キロメートル以上も松並木(まつなみき)の続く海辺があり、その海辺のほら穴に化けネコが住みついていました。

 ある日の事、化けネコが美しい女に化けていると、その美しい女をネコとは思わずに一人の男が言いました。
「わしの女房になってくれ」
 その男はなかなかに立派で顔立ちもよく、化けネコもこの男が気に入って女房になりました。
 男はとてもやさしく、ネコの女房も負けじと男につくします。
 やがて二人の間に子どもが生まれて、何年かたつうちに二人は三人の子持ちになりました。
 ネコ女房は正体がばれない様に人間のふりを続けましたが、それでもネズミを見かけると飛びつきたくてたまりません。
 そこでネコ女房は男や子どもたちがいなくなると、天井裏に登ってネズミを捕らえて食べていました。

 ある日、ネコ女房が天井裏でネズミを捕っていると、ふいに子どもたちが帰ってきました。
 ネコ女房はあわてて下へおりましたが、あわて過ぎて口にネズミをくわえたままです。
 それを見た子どもたちが、びっくりして言いました。
「かあちゃん、どうしたの!? ネズミなんかくわえて、ネコみたい」
 ネコ女房はハッとして、ネズミを離しました。
「いや、これはね、ネズミがあんまりうるさいので天井裏へ行ったら、いきなりかあちゃんの口に飛び込んで来たのよ。いい子だから今日の事は、とうちゃんに言うんじゃないよ」
 ネコ女房は何とか言いくるめましたが、子どもたちは信じられないという顔をしていました。

 夕方になって男が仕事から戻ってくると、子どもたちは母親に内緒で今日の出来事を話しました。
「とうちゃん、かあちゃんが今日ね・・・」
 話を聞いた男は、びっくりです。
 なぜなら男も、以前から女房の事を不思議に思っていたからです。
 女房は誰もいない事がわかると、ネコの様にゴロゴロと喉を鳴らしたり、時にはかまどの上に登って、ネコの様に手で顔を洗う真似をしていたからです。
(もしかすると、女房の奴はネコにとりつかれたのかもしれないぞ)
 男は心配になって、子どもたちに言い聞かせました。
「かあちゃんは病気かもしれないから、気をつけてやるように」
 それ以来、子どもたちは母親をおびえる様になりました。
(子どもたちはおびえているし、おれも正直、女房が不気味でたまらない)
 そこで男は思い切って、女房に別れ話を持ち出しました。
 すると女房は、あっさりとうなずいて、
「あなたや子どもたちに嫌われては、仕方ありませんね。別れる事にします」
と、その日のうちに家を出て行きました。
(あいつ、どこへ行くのだろう?)
 気になった男は、こっそりと女房の後をつけました。

 男と別れた女房は後ろも振り向かずに歩いていって、化けネコの住みかであるほら穴の中に消えました。
 男がほら穴の外から聞き耳を立てていると、奥の方から女房の声が聞こえて来ました。
「どうやら、正体を見破られてしまいました。せっかく、うまくやっていたのに。いつかこのうらみを、必ず晴らしてやるわ」
 すると、別の誰かが言いました。
「本当に、正体を見破られたのか? お前の化け姿は、どう見ても人間にしか見えないはず。勘違いではないのか?」
「いいえ、ネズミをくわえているところを、子どもたちに見られてしまいました」
「そうか、それなら仕方ない」
 話を聞いていた男は、びっくりです。
(まさか、女房が化けネコだったなんて)
 ほら穴のネコの話しは、まだ続きます。
「しかしな、うらみを晴らすといっても、相手に呪文(じゅもん)を唱えられたらどうする? われらはあの呪文を唱えられたら、手出しが出来なくなるぞ」
「大丈夫よ。今どきの若い人間が、あんな呪文を知っているはずがないわ」
「まあ、確かにな。知っているとすれば、村一番の年寄りのおばばぐらいだろう」
 男はそれを聞くとほら穴を離れて、村一番の年寄りのおばばの家に行きました。
「おばば! おれの女房が、化けネコだった! 正体がばれた仕返しに来るから、化けネコを追い払う呪文を教えてくれ!」
「呪文か。確か呪文は・・・」
 おばばはそう言いながら、遠いむかしに覚えた呪文を思い出しながら歌いました。
♪ネコネコ鳴くな。
♪北風吹けば、南に飛ばされる。
♪南風吹けば、北に飛ばされる。
♪ネコネコ鳴くな。もう鳴くな。
 男は呪文の言葉をしっかり覚えると、家に戻って行きました。

 その晩、男が子どもたちを寝かせていたら、表から気味の悪いネコの鳴き声がひびいてきました。
「フギャー! フギャー!」
 男はネコの鳴き声に向かって、教えてもらった呪文を唱えました。
♪ネコネコ鳴くな。
♪北風吹けば、南へ飛ばされる。
♪南風吹けば、北に飛ばされる。
♪ネコネコ鳴くな。もう鳴くな。
 すると、ネコの鳴き声がおさまり、
「くやしいー!」
と、言葉を残して、一匹のネコが立ち去って行くのが見えたという事です。

おしまい

前のページへ戻る

     7月22日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
下駄の日
きょうの誕生花
待宵草(まつよいぐさ)
きょうの誕生日・出来事
1959年 森公美子(オペラ歌手)
恋の誕生日占い
見た目は大人しいお嬢様、でも熱いハートの持ち主
なぞなぞ小学校
綺麗にすればするほど、小さくなる物は?
あこがれの職業紹介
カメラマン
恋の魔法とおまじない 204
願いが叶うおまじない
 7月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
不思議な岩穴
きょうの世界昔話
オオカミ男
きょうの日本民話
カエルの袈裟衣
きょうのイソップ童話
メンドリとツバメ
きょうの江戸小話
うなぎの天昇り
きょうの百物語
ネコ女房
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識