福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 8月の百物語 > 黒雲

8月19日の百物語

黒雲

黒雲

 むかしむかし、一そうの船が長い航海(こうかい)も終えて、間もなく港に着くという頃、晴れ渡っていた青空に、ポツンと点の様な黒雲が現れました。
 黒雲はすーっと船に近づき、近づくにつれてだんだんと大きくふくれあがってきました。
 そして船の真上まで来た時には日の光は全くさえぎられて、辺りは不気味(ぶきみ)な暗さに包まれました。
 その時、突然女の悲鳴が響きました。
「あーれー」
 船乗りたちは、思わず辺りを見回しました。
「どこだ? この船には、女は乗っておらんが」
「上から聞こえたぞ。すると声は、雲の中からか?」
 船乗りたちは甲板(かんぱん)に集まると、頭上にうずまく気味の悪い黒雲を見つめました。
 黒雲はグルグルと渦を巻いて、だんだんと船を押しつぶす様に低く降りてきました。
 その時、船乗りの何人かが叫びました。
「うわーっ」
 何と渦巻く黒雲の中から、人間の足がたれ下がってきたのです。
「うぬっ!」
 船頭は気丈(きじょう)にも、その足に飛びついて黒雲から引きずりおろしました。
 見るとそれは、老婆の死体でした。
「これは、大変な物が降って来たわい」
 みんなが大騒ぎしていると、いつの間にやら黒雲は消え失せて、空には何事もなかった様に青空が広がりました。
「とにかく、港に行こうか」
 船乗りたちが持ち場に戻ろうとすると、近くの浜辺に大勢の人が集まっていて、こっちの船を指差しながら騒いでいます。
「どうやら浜の騒ぎは、この老婆の死体とは関係がありそうだな」
 船頭は小船をおろすと、船乗りの一人に浜の様子を見に行かせました。

 しばらくすると、浜へ行った船乗りは一人の男を乗せて戻ってきました。
 その男は船に上がって老婆の死体をみると、船頭に頭を下げました。
「お恥ずかしい事でございますが、これは、わたくしの母でございます」
「あなたの母? よければ、事情を話してくれませんか?」
 船頭が言うと、男は涙をこぼしながら話し出しました。
「お聞き下さいまし。
 わたしの母は、金貸しをいたしておりました。
 始めうちは近所の方に、ほんの小銭を用立てる程度でございましたが、だんだん欲が出てまいりまして、高い利息で貸しては無理な取立てを行い、この頃は人さまからは『鬼ババ』とまで言われるありさま。
 今日も借金のかたに、年瑞(としは)もいかぬ娘を連れ出して、人買いに売り渡そうとしたのでございます。
 ところが突然空から黒雲が降りてきて、あっという間に母をさらっていきました。
 これも、悪業(あくぎょう)の報いなのでございましょう」
 男は話し終わると、泣きながら老婆の死体を引き取っていきました。

おしまい

前のページへ戻る


     8月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
バイクの日
きょうの誕生花
カンナ(Canna)
きょうの誕生日・出来事
1962年 風間トオル(俳優)
恋の誕生日占い
高いスター性で、アイドル並みのオーラがあります
なぞなぞ小学校
頭の左側は、どんな味? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
臨床検査技師
恋の魔法とおまじない 232
恋愛運アップのおまじない
  8月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
刀のごちそう
きょうの世界昔話
大きなスイカ
きょうの日本民話
長すぎたわらぞうり
きょうのイソップ童話
馬とウシとイヌと人間
きょうの江戸小話
表札(ひょうさつ)
きょうの百物語
黒雲
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識