福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > お菊の呪い

9月3日の百物語

お菊ののろい

お菊の呪い
群馬県の民話群馬県の情報

 むかし、上州(じょうしゅう→群馬県)に、小幡上総介(おばたかずさのすけ)という(さむらい)がいました。
 とても短気で乱暴な男でしたが、お菊(きく)という美しい女中(じょちゅう)をとても気に入っていました。

 ある朝の事、上総介(かざさのすけ)がお菊の運んで来た朝ご飯を食べようとした時、ご飯の中に何やらキラリと光る物が入っていました。
「おや?」
 はしでつまみ出してみると、何とそれは一本のぬい針だったのです。
 上総介は怒りで体を震わせると、お菊につかみかかって問いただしました。
「この恩知(おんし)らずめ! よくもわしを殺そうとしたな。どうしてこんな事をしたのじゃ!」
 まるで身に覚えのないお菊でしたが、上総介に何度も何度も殴りつけられて、言い訳をするひまもありません。
 その様子をおもしろそうに見ていた奥さんが、こう言いました。
「この女は、性根の曲がった頑固者(がんこもの)です。殴ったぐらいでは、白状しますまい。どうです? いっそヘビ責(ぜ)めになさっては」
「よし、そうしよう」
 裸にされたお菊は、たくさんのヘビと一緒にお風呂の中へ投げ込まれました。
 お風呂の水がだんだん熱くなると、苦しくなったヘビがお菊に噛み付きます。
 この地獄の様な苦しみの中で、お菊は、
「このうらみ、死んでもはらしてくれようぞ!」
と、言い残して、ついに死んでしまったのです。

 それから何日かして、奥さんは体中を針で刺される痛みに襲われて寝込んでしまいました。
 上総介は医者を呼びましたが、まるで原因がわかりません。
 そして奥さんは何日も何日も苦しんだ末に、
「お菊、許しておくれ。針を入れたのは、このわたしじゃ。上総介に可愛がられるお前が、憎かったのじゃ」
と、言うと、そのまま死んでしまいました。

 上総介は本当の事を知って死んだお菊に謝りましたが、今さらお菊は許してくれません。
 その夜から上総介の屋敷に、お菊の幽霊(ゆうれい)が出る様になったのです。
 家来や女中たちは怖がって逃げてしまい、一人きりになった上総介は何度も何度もお菊に謝りながら死んでいったのです。

 その後、小幡家の人々によって、お菊の為にお宮が建てられました。
 それからは、お菊の幽霊は現われなくなったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     9月 3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ホームラン記念日
きょうの誕生花
瓢箪(ひょうたん)
きょうの誕生日・出来事
1985年 梶 裕貴 (声優)
恋の誕生日占い
コツコツとまじめに努力をする優等生
なぞなぞ小学校
文章が得意な虫は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
ジョッキー(騎手)
恋の魔法とおまじない 247
恋のライバルを遠ざけるおまじない
  9月 3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かしこい子ども
きょうの世界昔話
豆の木になった子どもたち
きょうの日本民話
石子づめになった子
きょうのイソップ童話
イノシシと馬と猟師
きょうの江戸小話
あまざけ
きょうの百物語
お菊の呪い
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識