昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 百物語 > 十一月

11月29日の百物語
(11月29日的日本鬼故事)
テッジ

テッジ
天子

日本語 ・日本語&中国語

むかしむかし、八丈島(はちじょうじま→東京都)に、菊池虎之助(きくちとらのすけ)と、いう神主(かんぬし)がいました。
到好久以前、八丈島(東京都)有條喊菊池虎之助的廟公。

ある日、虎之助は庭に八本柱の立派な蔵(くら)をつくりましたが、何日かすると家の者が言いました。
有條廟公就幫院裡面起了條八根柱子的大倉、㫘幾日就著告知條這麼個事。

「夜になるとあの蔵に、何にやらえたいの知れない化け物が出るんです」
我們這條倉庫好像一到晚上就鬧鬼啊。

「化け物? 神さまをまつっている神主の家の者が、自分の家に化け物が出るとは何事だ! だいたい化け物など、この世にいるはずがないだろう!」
鬼?我們這廟裡都是貢的神仙、怎麼得有鬼來啦!而且這世上怎麼真的可能有鬼嘛。

虎之助は家の者を叱り付けましたが、それでもやはり夜になると、蔵の中でおかしな物音がすると言うのです。
廟公反而還幫跑過來跟他講這話的人罵了一餐、哪曉得這一到晚上倉庫裡面還真的有動靜、就出來解釋。

「いつまでも、バカな事を言っているではない。夜になると物音が聞こえるのは、新しい蔵の方が居心地が良いと、家にいるネズミどもが引越しでもしているのだろう」
我看這事是這麼到的、估計是老鼠看我們建了新倉庫、裡面住起來舒服就搬進去了。

虎之助は家の者にそう言いましたが、けれどもこの事がうわさとなって島中に広がったら大変です。
廟公就這麼解釋起跟屋裡面人聽、但這事後面著傳了出去、越傳越邪門。

そこで虎之助は島の若者たちに頼んで、しばらく蔵の中で寝てもらう事にしました。
後面廟公就邏了幾條年輕人、就喊他們都到裡面住一陣算了。

次の朝、蔵の中から出てきた若者にたずねると、若者たちはニコニコして答えました。
第二天就問年輕人、倉庫裡面違真有鬼啊。

「まだ新しい木の香りがして、とても気持ちがよかったです。朝まで一度も、目を覚ましませんでした」
別個都講這裡面睡到好舒服、直接一覺睡到天亮。

それを聞いて、虎之助は家の者たちに言いました。
廟公就這麼到跟屋裡人講。

「それみろ。つまらない事を言わずに、お前たちも今夜から蔵の中で寝たらどうだ? ぐっすり休めるぞ。あはははは」
看到吧?你們也可以進去睡哈子、自己驗證、莫天天講有鬼有鬼。

ところが次の朝になると、若者たちは青い顔をして蔵の中から出てきたのです。
但是第二天這情況就不對了。

「何か、あったのかね?」
廟公就問啦。

「実は夜中に蔵がギシギシとゆれだして、昨日の夜はぜんぜん眠れませんでした。蔵が潰れるかと思いましたよ。もう、こんな恐ろしいところで寝るのは嫌です!」
年輕人就講以為昨天是地震、倉庫裡面就一直搖啊搖、幫他駭了個卵卯翻天根本不敢睡。

若者たちは、逃げる様に帰ってしまいました。
這一哈請來的人就都過跑完了。

「仕方がない。自分で確かめるか」
唉、㫘辦法、這次我自己去。

虎之助は夜になると刀(かたな)を手に庭のかたすみに隠れて、蔵の様子をうかがう事にしました。
廟公晚上幫把刀一收、自己就一直盯到倉庫看。

そして蔵のわきにある大木のてっぺんの枝に、ちょうど十三夜のかけた月がかかった時です。
天上就掛到小圓月到樹枝高頭的。

ざわざわと裏山の木々がゆれたかと思うと、二メートルを超える大きな物が蔵の戸口にとりついて、カギのかかった戸を無理やり開こうとゆさぶりはじめたのです。
後山上面的樹這過一哈開始搖起來了、來條兩米高的不曉得是甚麼的東西、到倉庫門口一站、作死的到那裡掀門。

おかげで蔵は、船の様にグラグラとゆれました。
整條倉庫就一搖一搖的。

(なんだ、あれは?)
這是條甚麼傢伙哦?

その時、大きな物は人の気配を感じたのか、隠れている虎之助の方を見つめました。
這不曉得是條甚麼東西的傢伙警覺性還高、像是注意到廟公了幫腦鬠往這裡一轉。

大きな物の顔には茶わんほどもある大きな目玉が白く光っており、口から吐く息は炎の様に赤く燃えて、葉っぱをまとった体の胸から上は裸です。
這傢伙的眼珠子有碗那麼大、嘴巴裡面吐火、全是上下㫘穿衣服、就用些草葉子包到的。

それにそれは女なのか、長くたれ下がった右のおっぱいを左の肩に、左のおっぱいを右の肩にひっかけていました。
這違還是條母的啊、吊落來好長的兩條咪、左邊的咪掛到右肩上面、右邊的掛到左邊。

「あいつは、テッジだな」
噶卵、是天子。

虎之助が、小さくつぶやきました。
廟公不小心做聲了。

テッジとは、八丈島の山に住んでいると言われる化け物です。
天子就是住到八丈島山裡面的鬼婆的一種。

虎之助はテッジなど信じていませんでしたが、目の前にいるのはテッジ以外に考えられません。
廟公是根本不相信這些的、但是現在就只到想要怎麼處理眼前這條天子。

(しかしどうしてテッジが、新築したばかりのわしの家の蔵へやって来たのだろう)
為甚麼要專門跑到我屋新起的倉庫裡面來了、違是有甚麼名堂啊。

テッジは再び蔵の方へ向き直ると、また激しく蔵をゆすりました。
天子㫘去管看到的廟公、直接幫腦鬠旋回去繼續扯門。

(神主の家が化け物に襲われるなんて、笑い事ではすまされぬぞ。・・・よし、今だ!)
我屋這貢神仙的地方怎麼得召鬼來啦、我讓你乞丐趕廟公、爛。

虎之助は両手で刀をにぎりしめて、体当たりする様にテッジの体に突き刺しました。
廟公兩手幫刀一捉、對到天姬就是一刀據過去了。

「ギャォーーーーーッ!」
啊啊!

テッジは大声をあげて身をひるがえすと、風の様に裏山へ逃げて行きました。
天子一唏、失去平衡再一翻、馬上往山裡面跑去了。

次の朝、虎之助は家の者と一緒に、テッジの血の跡をたどって山へ入りました。
第二天廟公和屋裡人一起、順到血蹟就往山裡面跟。

しかし点々と続く血の跡は、大きな岩の前で消えていました。
到塊大嵒頭前面、這血就一哈消了。

その後、テッジは二度と現れませんでしたが、その時に岩の前まで続いていた血の跡は人間の様な赤色ではなく、たまごの黄身の様な黄色だったという事です。
這後面天子就再㫘來過第二次、而當時的血也不是跟人一樣的紅色、是像雞蛋裡面的蛋黃的那條黃色。

おしまい
结束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     11月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
いい服の日
きょうの誕生花
茶(ちゃ)
きょうの誕生日・出来事
1956年 定岡正二 (タレント)
恋の誕生日占い
子ネコの様に表情豊かで可愛い女の子
なぞなぞ小学校
白い水がわき出るところは?
あこがれの職業紹介
駐在員
恋の魔法とおまじない 334
嫌な気分、悲しい気分を解消
  11月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
おスマばあさん
きょうの世界昔話
北風のくれたテーブルかけ
きょうの日本民話
不思議な火鉢
きょうのイソップ童話
怪我(けが)をしたオオカミ
きょうの江戸小話
タコのだしがら
きょうの百物語
テッジ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識