福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 > とっつく、くっつく

12月20日の百物語

とっつく、くっつく

とっつく、くっつく

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある村に与作(よさく)という男がいました。
 大変な恐がりで、長いへちまがぶらさがっているのを見てドッキリ、草がざわついてもドッキリ。
 ネズミが現れると、腰を抜かして、
「おかか、助けてくれろっ!」
と、言った次第です。
「やんれ、こんなでは、この先どうなるもんだか」
と、おかみさんもなげいておりました。

 ある日、与作は村の寄り合いに出かけましたが、帰りは日も暮れて、おまけに雨も降っています。
「気味が悪いな。化け物が出よったら、どうしよう?」
 ヒヤヒヤのビクビクで、ようやく家にたどりつきました。
「やんれ、これでまんず安心」
 だけれど、この安心が油断の元で、戸口に足を入れたとたん、気味の悪い冷たい手が与作の首をつかまえました。
「ヒェェー! おかか! 助けてくれろっ。おら、化け物につかまっちまったあ〜!」
 おかみさんがよく見ると、屋根の雨粒が与作の首をぬらしていました。
「屋根の雨ん粒やないか。化け物ちゅうもんは、みんなこういうもんだよ、お前さん」
「へええ、化け物ちゅうのは、みな、雨ん粒の事か」

 さて次の日。
 友だちの作ベえどんに、出会いました。
「与作どん聞いたか? 川っぷちに毎晩化け物が出るちゅうこった」
「ははん、雨ん粒だな」
「何やらわからん様な、恐ろしい奴が追いかけてきよるんだと」
 あの晩から化け物は雨粒だと思い込んでいる与作は、全然恐くありません。
「だらしねえ奴らだ。よし、おらが行ってこらしめてやる」
 与作がその晩、川っぷちに出かけて行くと、草の中から気味の悪い声が聞こえて来ました。
「・・・とっつくぞお、・・・くっつくぞお」
(全然怖くねえ。化け物は、みな雨ん粒だから平気なもんだ)
 与作は、その気味の悪い声に向かって、
「ああ、とっつけや、くっつけや」
「・・・とっつくぞお、・・・くっつくぞお」
「ええとも、とっつけや、くっつけや」
 すると草がザワザワとゆれて、まっ黒けの奇妙(きみょう)な奴が出てきて、
「そんなら与作どん、お前にくっつくから、おんぶしろ」
「仕方ねえな。そら、背中につかまれや」
 与作が化け物をおんぶして歩き出すと、『チャリーン』『チャリーン』と音がします。
「お前の体は、馬鹿に固いな。それにズッシリと重い。のう、雨ん粒お化け」
「そうとも、おらはこれから与作どんの家で、暮らす事にしたぞ」
 与作が化け物を連れて帰ってくると、おかみさんは大喜び。
「まあ、お前さん、こりゃ、まあ!」
 与作がおんぶしてきた物は大きなかめで、その中には何と、ピカピカの小判がギッチリと詰まっていました。

おしまい

前のページへ戻る


     12月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
霧笛記念日
きょうの誕生花
アイビー(ivy)
きょうの誕生日・出来事
1982年 倉貫匡弘 (俳優)
恋の誕生日占い
誰にでも優しく、ちょっとドジでお茶目
なぞなぞ小学校
米が90粒あるとどうなる?
あこがれの職業紹介
介護トレーナー
恋の魔法とおまじない 355
金運アップのおまじない
 12月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
虫干し
きょうの世界昔話
老人と三人の若者
きょうの日本民話
ヘビの宝
きょうのイソップ童話
鳥刺しと野生のハトと飼われているハト
きょうの江戸小話
柱という字
きょうの百物語
とっつく、くっつく
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識