福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 12月の日本昔話 > 虫干し

12月20日の日本の昔話

虫干し

虫干し
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもとんちの出来る人がいました。

 吉四六さんはなかなかの商売上手で色々な物を売り歩きますが、今日の品物はカツオブシです。
 けれど一日中売り歩いても、カツオブシは全然売れません。

「ああ、腹が減ったが、まさかカツオブシをガリガリとかじるわけにもいかないしな」
 とぼとぼ歩いていると、庄屋(しょうや)さんの家にやって来ました。
 家の中をのぞくと、庄屋さんがおいしそうなぼたもちを作っています。
「うまそうな、ぼたもちだ。よし、今日は、あれをいただくとするか」
 吉四六さんはゴクンとつばを飲み込むと、家の中へ入って行きました。

「吉四六さん、何の用だね!」
 また何かされると思い、庄屋さんは冷たく言いました。
「へえ、いつもお世語になっとります。すみませんが、おぼんを一つお貸し下さりませんか」
 そう言っておぼんを借りると、吉四六さんはおぼんにカツオブシを山の様に積み上げました。
 庄屋さんは吉四六さんがお土産を持ってあいさつに来たと思い、急に愛想が良くなりました。
「おお、吉四六さん。
 まあ上がって、ゆっくり茶でも飲んで行くといい。
 そうじゃ、今さっき、ぼたもちを作ったところじゃ。
 少し、食べて行かんかね」
「ありがとうございます。それじゃあ、遠慮(えんりょ)なしに」
 吉四六さんは部屋に上がり込むと、ぼたもちをパクパクと口にほおばりました。
「これは、うまいぼたもちですな。さすがは庄屋さん、よい米とあずきを使っている。うん、うまいうまい」
 やがて、お腹が一杯になった吉四六さんは、
「すっかり、ごちそうになりました。それではこの辺で、失礼しますよ」
と、言いながら、先ほど盛り上げたカツオブシを、また袋に戻し始めたのです。
 お土産を持って来たと思っていた庄屋さんは、あてがはずれてがっかりです。
 庄屋さんはまた怖い顔になると、吉四六さんに言いました。
「吉四六さん! お前は何でまた、おぼんにカツオブシをあけたんじゃ!?」
 すると吉四六さんは、すました顔で言いました。
「へえ。こうして時々おぼんにあけて風を通さないと、カツオブシと言う奴は虫がついてしまうんです」
 そして空のおぼんを庄屋さんに返すと、さっさとどこかへ行ってしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     12月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
霧笛記念日
きょうの誕生花
アイビー(ivy)
きょうの誕生日・出来事
1982年 倉貫匡弘 (俳優)
恋の誕生日占い
誰にでも優しく、ちょっとドジでお茶目
なぞなぞ小学校
米が90粒あるとどうなる?
あこがれの職業紹介
介護トレーナー
恋の魔法とおまじない 355
金運アップのおまじない
 12月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
虫干し
きょうの世界昔話
老人と三人の若者
きょうの日本民話
ヘビの宝
きょうのイソップ童話
鳥刺しと野生のハトと飼われているハト
きょうの江戸小話
柱という字
きょうの百物語
とっつく、くっつく
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識