福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 1月の江戸小話 > ぞうきんとお年玉

元旦の小話

元旦の小話 ぞうきんとお年玉

ぞうきんとお年玉

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかし、ある所に、何事にも縁起をかつぐ旦那がいました。
 そのおかげか、店はなかなかに繁盛しています。

 ある年の大晦日(おおみそか)の事です。
 旦那が、店の者に言いました。
「明日は、めでたいお正月じゃ。お正月の神さまをお迎えするのだから、いつもより、念入りに掃除をしなさい」
 さて、この店には、「おたけさん」という、働き者の女の人がいました。
 おたけさんは誰よりも良く働くのですが、そそっかしいのが玉に傷です。
「さあ、すみからすみまで、きれいにきれいに、ぞうきんをしないと」
 おたけさんが張り切って、床の間を拭いていた時です。
「おたけや、すまないが、お使いに行ってきておくれ」
 おかみさんが、おたけさんに頼みました。
「はーい。ただいま」
 そそっかしいおたけさんは、ぞうきんを床の間に置いたまま、お使いに飛び出して行ってしまいました。
 そして、お使いから帰ったおたけさんは、ぞうきんがけが終わっていないのを忘れて台所仕事を始めてしまいました。

 さて、元旦の朝。
 旦那が床の間の掛け軸くを、おめでたい『七福神(しちふくじん)』に、取り替えようとすると、汚れたぞうきんがポンと置いてあるではありませんか。
 旦那は、カンカンに怒りました。
「正月と言うのに、こんな物を置くなんて縁起でもない。さては、おたけの仕業だな。おたけ!」
 旦那はおたけさんを呼んで、ガミガミと叱りつけました。
「申し訳ございません。申し訳ございません」
 おたけさんは、今にも泣き出してしまいそうです。
 すると、とんちのきくこの店の番頭(ばんとう)が、口を挟みました。
「旦那さま。ぞうきんは縁起が悪いだなんて、とんでもありませんよ」
「何! 汚れたぞうきんなのに、縁起が良いとはどういう訳だ?!」
「はい。ぞうきんを当て字で書けば、蔵(ぞう→くら)と金(きん→かね)。蔵(くら)に金(かね)が貯まるという訳です」
 番頭に言われて、旦那は大喜びです。
「なるほど! 確かにこれは、縁起が良いわ」
 そこで旦那は、番頭とおたけさんにたくさんのお年玉をあげました。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     1月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
元旦
きょうの誕生花
松(まつ)
きょうの誕生日・出来事
1949年 Mr.マリック(マジシャン)
恋の誕生日占い
自分の考えをしっかりと持った女の子。
なぞなぞ小学校
○(丸)を取ったらお母さんになってしまう男の人は?
あこがれの職業紹介
歌手
恋の魔法とおまじない 001
両思いになれる おまじない
  1月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネコがネズミを追いかける訳
きょうの世界昔話
モンゴルの十二支話
きょうの日本民話
仕事の取替えっこ
きょうのイソップ童話
欲張りなイヌ
きょうの江戸小話
ぞうきんとお年玉
きょうの百物語
百物語の幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識