福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 1月の江戸小話 > 泥棒のおあいそ

1月26日の小話

どろぼうのおあいそ

泥棒のおあいそ

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 夜中に亭主は、何やら怪しい物音に目を覚ましました。
 ゴシゴシゴシゴシ
 ゴシゴシゴシゴシ
 それは、のこぎりで壁を切り破っている音です。
「ははあーん。さては泥棒だな」
 亭主は起き上がると、壁ににじり寄って身構えました。
 やがて壁の一部がガサッと崩れ落ちて、その穴から手がにゅーと入ってきました。
 亭主はその手を、ギューッと掴んで、
「女房、そこの銭、二百文(→六千円ほど)寄こせ」
 亭主の声で、女房は驚いて飛び起きました。
「えっ、泥棒? まあ、怖い」
「えい、いいから早く寄こせ、二百文、二百文」
 女房が震える手で二百文を差し出すと、亭主はそれを泥棒の手に握らせて言いました。
「おれは目を覚まして得をしたが、お前は泥棒をしそこなって損をしたな。
 さあ、この二百文でかんベんせい。
 だが、こんな事は二度とするでないぞ。次は許さぬからな」
 やがて、逃げて行き泥棒の足音が聞こえました。
「やれやれ」
 ところがしばらくすると、また足音が帰って来て、壁の穴から、にゅーっと手を出すではありませんか。
「えい、ずうずうしい奴だ! 次は許さぬと言っただろう!」
 亭主が腹を立てて、壁の穴に近づくと、
「これはほんの駄菓子(だがし)でございますが、お子さまがたにあげて下さい。先ほどは、まことにありがとうございました」
と、お菓子の入った紙包みを差し出したそうです。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     1月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
文化財防火デー
きょうの誕生花
カロライナジャスミン(Gelsemium sempervirens)
きょうの誕生日・出来事
1955年 所ジョージ(タレント)
恋の誕生日占い
計算高く、人にあっと言われるのが大好き
なぞなぞ小学校
破れば破るほど、みんなに喜ばれる物は?
あこがれの職業紹介
バストメイクカウンセラー
恋の魔法とおまじない 026
恋のライバルに勝つおまじない
  1月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
牡丹(ぼたん)の花と若者
きょうの世界昔話
花とお日さま
きょうの日本民話
小野道風とカエル
きょうのイソップ童話
デマデスの演説
きょうの江戸小話
泥棒のおあいそ
きょうの百物語
けものつき
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識