福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 2月の江戸小話 > 話半分

2月20日の小話

話半分

話半分

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 京都へ商売に行く江戸の男に、物知りの男が注意をしました。
「京へ商いに行くそうだが、くれぐれも油断するなよ。京の商人はみんな曲者で、とんでもない値段をふっかけてくるからな。だから京では、何でも値切ったほうが良いぞ。例えば二両の値段なら、本当は一両の品だと思え」
「おお、では、その通りにしよう」
 男は喜んで、京都へ出かけて行きました。
 さて京都に着くと、やっぱり教えられた通り、何でもかんでも、とんでもなく高い値段です。
「なるほど、言われた通り、ここは恐ろしいところだ。でもこれはみな、半分ずつに聞いておけばよいのだな」
 それからしばらく立つと、男にも京都の友だちが出来ました。
「お前さんの名前は、何と申す」
 江戸の男が聞くと、京の男は、
「六兵衛(ろくべえ)と、言いまする」
 それを聞いた男は、こう思いました。
(さてさて、京の人は、かけ値をするから、これはさしづめ三兵衛だろう)
「して、お家は、どのぐらいの広さでございます?」
「五間(→一間は、1.8メートル)の間口(まぐち→家の正面の長さ)の家でございます」
(よしよし、ならば本当は、二間半の間口の家だな)
「して、何人で暮らしておいでですかな?」
「ただいまは、わたし一人でございます」
(よしよし、これも半分か。・・・おや?)
 江戸の男は、京の男をじろじろながめまわしました。
(はて、どう見ても半分には見えぬが)
 江戸の男は、思わず首を傾げて尋ねました。
「して、もう半分は、どなたでございます?」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     2月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
歌舞伎の日
きょうの誕生花
黄梅(おうばい)
きょうの誕生日・出来事
1950年 志村けん (タレント)
恋の誕生日占い
優しく素直で涙もろい
なぞなぞ小学校
相手に背中を見せていると、勝負に勝っているのは?
あこがれの職業紹介
義肢装具士
恋の魔法とおまじない 051
両思いになるおまじない
  2月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
火事の知らせ方
きょうの世界昔話
幽霊の子守り
きょうの日本民話
千亀女(せんかめじょ)
きょうのイソップ童話
クジャクとカラス
きょうの江戸小話
話半分
きょうの百物語
二人の幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識