福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 2月の日本昔話 > 火事の知らせ方

2月20日の日本の昔話

火事の知らせ方

火事の知らせ方
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある晩の事です。
 吉四六さんが、かわや(→トイレ)に起きると、向こうの空がまっ赤に染まっています。
「ややっ、火事かな。どの辺りじゃろ? うん? あの辺りは、もしや!」
 どうやら、庄屋(しょうや)さんの屋敷の辺りです。
「たっ、大変だー! すぐに、すぐに知らせに行かなくては!」
 吉四六さんは、かわやを飛び出して裸足で駆け出そうとしましたが、
「・・・いや、待てよ」
 寝ていたおかみさんを起こして、まず、お湯をわかしてもらって、ていねいにひげを剃りました。
 それから大事な時に着る「かみしも」を着て、たびをはいて、せんすを手にして、ゆうゆうと落ち着いて庄屋さんの屋敷へ出かけました。
 火事は、庄屋さんの屋敷のはなれでした。
 まだ、誰も気がついていません。
「庄屋さん、庄屋さん。はなれが火事でございますよー」
 吉四六さんは、雨戸を静かに叩いて庄屋さんを呼び起こしました。
 声が小さかったし、戸の叩き方もおとなしかったので、庄屋さんはなかなか目を覚ましません。
「庄屋さん、庄屋さん。はなれが火事でございますよー。早く消さないと、大変な事になりますよー」
「・・・・・・」
 しばらくたってから、
「なに、火事じゃと!」
 庄屋さんがやっと起きて戸を開けると、はなれはもう、ほとんど焼けてしまった後でした。

 次の朝、庄屋さんはカンカンに怒って、吉四六さんの家にやって来ました。
「お前は夕べ、火事だというのに、なぜ、かみしもなどつけてゆっくり来た。
 しかも、あんなおとなしい知らせ方だ。
 おかげで、はなれを丸焼けにしてしまったではないか。
 火事の時は、何をさておいても駆けつけて、大きな声や物音で知らせねばだめだ!」
と、きつい文句を言いました。
「へい、次からは、そうしましょう。・・・けど庄屋さんは、いつも、『男はいざという時は落ち着いて、身なりもきちんとせよ』と、言っていたではありませんか」
「それも、時と場合じゃ! そのくらいの事をわきまえないで、どうする!」
「・・・へい」
 せっかく火事を知らせてあげたのに、こんなに文句を言われては面白くありません。

 さて、それからいく日かたった、ある晩の事。
 吉四六さんは真夜中に跳ね起きると、丸太をかついで庄屋さんの屋敷に駆けつけました。
 そして、丸太を力一杯振り上げて、
 ドンドン! ドンドン!
と、雨戸を叩いて大声で言いました。
「火事だ! 火事だ! 火事だー!」
 びっくりした庄屋さんは、あわてて飛び起きました。
 そして雨戸を開けると、吉四六さんがいます。
「火事はどこだ! おいおい、そんなに叩くな。屋敷が壊れるではないか」
 すると吉四六さんは、丸太を放り出して、
「ああ、くたびれた。どうです。本当に火事があった時には、今くらいの知らせ方で、いかがでしょうか?」
と、言ったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     2月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
歌舞伎の日
きょうの誕生花
黄梅(おうばい)
きょうの誕生日・出来事
1950年 志村けん (タレント)
恋の誕生日占い
優しく素直で涙もろい
なぞなぞ小学校
相手に背中を見せていると、勝負に勝っているのは?
あこがれの職業紹介
義肢装具士
恋の魔法とおまじない 051
両思いになるおまじない
  2月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
火事の知らせ方
きょうの世界昔話
幽霊の子守り
きょうの日本民話
千亀女(せんかめじょ)
きょうのイソップ童話
クジャクとカラス
きょうの江戸小話
話半分
きょうの百物語
二人の幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識