福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 9月の江戸小話 > えんまの病気

9月1日の小話

えんまの病気

えんまの病気

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 地獄(じごく)のえんまさまが、突然病気になりました。
 地獄のお医者さまにみせましたが、えんまさまの病気はいっこうによくなりません。
 えんまさまは、(おに)たちをまくらの近くに呼び寄せて言いました。
「地獄の医者では無理だから、しゃば(→人間の世界)の名医をつれてまいれ」
「ははっ。かしこまりました」
 しかし、どういう医者が名医なのかわかりません。
 そこで鬼たちは、えんまさまに尋ねました。
「あの、名医の見分け方を教えてください」
 するとえんまさまは、少し考えて。
「うむ、名医の見分け方か。・・・おおっ、そうそう。下手な医者は多くの人間を死なせるから、門口(まぐち→家の出入り口)に幽霊(ゆうれい)が多くいるはず。その反対に幽霊のいない医者が、上手な名医というものじゃ」
「なるほど。さすがはえんまさま」
 そこで鬼たちは人間の姿に化けると、しゃばへと出かけて行きました。

 人間の姿に化けた鬼が医者をたずねると、どの医者の門口にも、幽霊がうろうろしています。
「これはいかん」
 表通りの医者は全てだめなので、鬼たちは裏通りに行きました。
 するとありがたい事に、幽霊が一人もいない医者の家があります。
「おう、これこそ一番の名医だろう」
 鬼は中に入り、ちょうど来ていた客に声をかけました。
「この家のお医者は、さぞかし名医であろうな」
 すると客は、首をかしげて答えます。
「さあて、どうですかな。何しろ今日、開業(かいぎょう→オープン)したばかりですから」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る

     9月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
防災の日
きょうの誕生花
浜梨(はまなし)
きょうの誕生日・出来事
1973年 三浦理恵子(女優)
恋の誕生日占い
笑顔が素敵な、明るく優しい女の子
なぞなぞ小学校
虫が見ている貝は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
スポーツトレーナー
恋の魔法とおまじない 245
交際を結婚へと発展させるおまじない
  9月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
舌切りスズメ
きょうの世界昔話
冒険したリス
きょうの日本民話
善光寺の本柱
きょうのイソップ童話
ツバメと鳥たち
きょうの江戸小話
えんまの病気
きょうの百物語
花散る下の墓
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識