福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 9月の江戸小話 > なぎなたっ屁

9月22日の小話

なぎなたっ屁

なぎなたっ屁

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかし、ある村に、十(じゅう)どんという、屁(へ)こきの名人がいました。
 十どんは自由自在(じゆうじざい)におもしろい屁をこいてはみんなを喜ばせて、その見せ物代をもらって暮らしをたてています。

 ある日の事、
「わしも諸国(しょこく)をまわって、屁ひりの修業(しゅぎょう)をせにゃ」
と、十どんは旅に出ました。
 そのうちに十どんは、関所(せきしょ→国境のようなもの)にさしかかりました。
 関所では立派な役人が、高いところから一人一人の通行人を調べています。
 役人が、十どんに聞きました。
「これ、そのほう。名は何ともうす」
「へえ。十どんです」
「十どんとな。して、あきない(→仕事)は何じゃ」
「へえ。屁を、あきのうております」
「なに?! 今、何と言った?」
「へえ。屁を、あきのうております」
 それを聞いて、役人は十どんをにらみつけました。
(こやつ、あやしいやつじゃ)
「そのほう、屁をあきなうとのこと、いつわりではあるまいな」
「へえ」
「うそいつわりをもうすやつは、この関所を通すことまかりならぬぞ」
「うそいつわりでは、ございません。みなはあっしの事を、『屁っぴりの十どん』と、もうします」
「しからば、屁っぴりの十どんとやら。いつわりならぬしょうこに、ここで屁をやってみい」
「では、おおせの通り」
 すると十どんは、
♪プリン、パラリン
♪プリン、パラリン
♪ごようの、さかずき
♪ヒッキョ、キョンのキョン
と、屁で歌を歌いました。
(これだけ上手に屁をこけば、通してくれるだろう)
 そう思って、十どんが歩きはじめると、
「まてっ」
と、お役人が、手をあげて呼び止めました。
「おもしろいやつじゃ。もう一つやってみろ」
「・・・・・・」
「どうした、屁っぴり屋。もう一つやれ。・・・なにをくずくずしておる」
「へえ。もう一つやれとおっしゃいますが、あっしの屁は、あきないにございます」
「あきないだから、どうした?」
「あきないですので、ただでは出来ません」
「なにおっー!! お上にたいし、無礼(ぶれい)をもうすな。命令じゃ、ただでこけっ! こかぬとあれぱ、ここを通さぬぞ!」
「・・・それでは、なぎなたの屁をこきますが、いかがでございましょう」
「なぎなたの屁? それは聞いた事もないが、おもしろそうじゃ。こいてみよ」
「では」
 十どんは、お役人のほうヘお尻をむけると、
♪プーーーーーウ
と、ながい屁をこきました。
「これが、なぎなたの持つ部分のえでございます」
「なるほど。ながいえじゃ。次は?」
♪ブッ
「なんじゃ、それは」
「地面にあたるヤリのしり金具。石突でごぜいます」
「なるほど、石突か。とんと、ついたな。では、次」
♪プル、プル、プルリン。
「これが、えにまいた藤でございます」
「なるほど、ようまいてあるようじゃ。次は」
♪プリッ、オバリッ。
「これで、さやをはらいました」
「なるほど、パッとはろうたか。みごとなものじゃ」
「ではいよいよ、なぎなたっ屁のごくい。刀身をひりますので」
 十どんは、パッとお尻をまくりました。
♪プリ、プリプリプリ。
 すると役人は、鼻をつまむとあわてて言いました。
「これ! 中身は、出すにおよばぬ。はよう、はよう通れっ」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る

     9月22日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
国際ビーチクリーンアップデー
きょうの誕生花
千日紅(せんにちこう)
きょうの誕生日・出来事
1983年 今井絵理子(歌手)
恋の誕生日占い
物事をじっくり考える頭の良い女の子
なぞなぞ小学校
田畑が多い県は? (都道府県なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
作曲家
恋の魔法とおまじない 266
縁切りのおまじない
  9月22日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ノミの宿
きょうの世界昔話
幸せになった、のらネコ
きょうの日本民話
福済寺(ふくさいじ)の地蔵尊(じぞうそん)
きょうのイソップ童話
乳しぼりの女
きょうの江戸小話
なぎなたっ屁
きょうの百物語
金のくさりと腐ったなわ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識