福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 6月の日本民話 > 孝女(こうじょ)いと

6月7日の日本民話

孝女(こうじょ)いと

孝女(こうじょ)いと
福井県の民話福井県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : おはなしや

 むかしむかし、早瀬(はやせ)に、イトという心のやさしい女の人がいました。
 家はとても貧しくて、夫も漁に出て留守がちだったので、イトが魚を売り歩いて姑(しゅうと)と子どもを養っていまし゜た。
 あるとき、イトが魚を売り終えて帰ってみると、家の中一面にわらが散らかっています。
「なんだろう、これは?」
 不思議に思って、子どもにたずねると、
「うん。おばあちゃんと一緒に遊んだんだよ」
と、答えます。
 年老いた姑は、聞き分けのない子どもと同じなのでした。
 でもイトは、怒るどころか、
「まあ、それは楽しそうね」
と、自分もわらをまいて遊んだので、姑はとても喜びました。
 またある年の冬、姑は急に季節はずれのなすびの吸い物が食べたいと言いだしました。
 そこでイトが、近くの寺でもらったなすびのぬかづけを川で洗っていると、みるみるうちに鮮やかな紫の生のなすびになったので、それで吸い物を作る事ができました。
 その次の年の冬、今度は嵐で漁ができない時に、姑は魚を食べたいとだだをこねました。
 イトが何とかしようと魚を探し歩いていると、一羽のトビが飛んできて、大きな生きた魚を落としていきました。
 もちろんイトは喜んでその魚を拾い、姑に食べさせました。

 きっと、イトの姑を思う気持ちが、天に届いたのでしょうね。

おしまい

前のページへ戻る


     6月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
母親大会記念日
きょうの誕生花
山梔子(くちなし)
きょうの誕生日・出来事
1974年 穴井夕子(歌手)
恋の誕生日占い
テレビドラマや小説で涙を流す、感性豊かな優しい女の子
なぞなぞ小学校
一本足でくるくる回るのが得意な物は?
あこがれの職業紹介
自衛官
恋の魔法とおまじない 159
ライバルに勝つおまじない
  6月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
浮称堂(じょうしょうどう)のきず薬
きょうの世界昔話
ローザとジバル
きょうの日本民話
孝女(こうじょ)いと
きょうのイソップ童話
カとライオン
きょうの江戸小話
一人かご
きょうの百物語
小豆とぎ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識