福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 7月の日本民話 > かぶと島

7月18日の日本民話

かぶと島

かぶと島
長崎県の民話長崎県情報

 今から四百年ほど前、長崎の町に、お小夜(さよ)という美しい娘がいました。
 お小夜はキリスト教を信仰するキリシタンで、その美しい姿は絵に描かれたマリアさまにそっくりなので、人々はお小夜の事を『マリアのお小夜』と呼んでいました。
 その頃、与次郎(よじろう)という若者が、南蛮寺(なんばんでら→キリスト教会)の門の前で花売りをしていました。
 お小夜は毎日、与次郎の花を買っては南蛮寺にお供えしていたのですが、いつしか二人は恋仲になっていたのです。
 やがて二人の事が、町のあちこちでうわさされるようになりました。
 お似合いの二人でしたが、まわりは二人を祝福してくれません。 
 なぜなら当時のキリシタンには、他の宗派の男女と付き合ってはならないという厳しい掟(おきて)があったからです。

 ある晩、二人は人目をさけて浜辺で出会っていました。
 ところがこれを、神父に見られてしまったのです。
 捕まった二人は、神父たちにとても厳しいおしおきを受けました。
 特に与次郎の方はキリシタンをたぶらかした極悪人として、長崎港の沖に浮かぶ『かぶと島』へ島流しにされたのです。
「お小夜、夜になったらかぶと島をながめてくれ。わたしは毎晩赤い灯をともすから。赤い灯が見えるかぎり、私は生きているから」
 与次郎はお小夜にそれだけを言い残すと、かぶと島へ送られました。

 それからというもの、お小夜は夜ごと浜辺に出てはかぶと島を眺めました。
 日も暮れる頃になると、島にボーッと赤い灯がともります。
 その灯をながめては与次郎を思い、お小夜は涙を流すのでした。
 でもこれを、神父たちはこころよく思いません。
「与次郎は、信者を惑わす悪魔じゃ。悪魔には、神罰が下さるべきだ」

 次の日の夜、お小夜がいくら待っても、かぶと島に赤い灯はともりませんでした。
 その日の夜明け、お小夜は何かにつかれたかのようにふらふらと歩き出して、一歩一歩、海の中に足をふみ入れたのでした。
「与次郎さま。来世では、必ず結ばれましょう」

 翌朝、かぶと島の波打ち際に、並んで倒れている男女の死体があがったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
光化学スモッグの日
きょうの誕生花
マリーゴールド(marigold)
きょうの誕生日・出来事
1980年 広末涼子(女優)
恋の誕生日占い
夢に向かって努力するパワフルガール
なぞなぞ小学校
薬の中身は何色? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
空間デザイナー
恋の魔法とおまじない 200
背を伸ばすおまじない
  7月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
不思議な和尚さん
きょうの世界昔話
愛の竪琴
きょうの日本民話
かぶと島
きょうのイソップ童話
おじいさんと死に神
きょうの江戸小話
あわてふろしき
きょうの百物語
安珍清姫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識