福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの日本民話 > 9月の日本民話 > うたう、おなか

9月13日の日本民話

うたう、おなか

うたう、おなか
北海道の民話北海道情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : 悠が童話を読んでみます

 むかしむかし、アイヌの村に、パナンペという男の子が住んでいました。
 パナンペはとてもいい子で、お父さんやお母さんの言うことをよく聞いて家の手伝いをしました。
 ある日の事です。
「今日は天気がいいから、山へたきぎを取りに行こう」
 パナンペはオノを持って、山へ行きました。
 山はあたり一面まっ白につもった雪に、お日さまの光がキラキラとかがやいています。
 雪をかぶった木の枝では、小鳥がさかんに鳴いています。
「ああ、なんてきれいな歌だろう。でもいったい、なんていっているんだろう?」
 パナンペは、耳をすましました。
 すると小鳥は、よけいに声をはりあげました。
♪カニチョロチョロ ピイツンツン
♪コガネチャラチャラ ピイツンツン
♪シロガネチンチン ピイツンツン
「カニチョロチョロって、なんのことだろう?」
 小鳥はくりかえしくりかえし、鳴いています。
 パナンペは口をポカンと開けて木の上を見上げ、夢中になって聞いていました。
 するとそのとき、小鳥が木の枝からパッと飛びたちました。
 そして小鳥はなんと、パナンペの大きく開けた口の中へ飛びこんでしまったのです。
 パナンペはビックリして、思わず口の中の小鳥を飲み込んでしまいました。
「あっ、小鳥をのみ込んじゃったぞ! お腹が痛くなりはしないかな?」
 パナンペは心配になって、そっとおへそのあたりを押さえてみました。
 するとお腹の中から、きれいな小鳥の歌が聞こえてきたのです。
「わあ、大変だあ!」
 パナンペは、家へ飛んで帰って言いました。
「お父さん、お母さん、ぼくのお腹の中で小鳥が歌を歌うんだよ。ほら」
 おへそを押さえると、
♪カニチョロチョロ ピイツンツン。
と、小鳥が歌い出したので、お父さんもお母さんもビックリ。
「こりゃ、いったいどうした事じゃ?」
 パナンペの歌うお腹は、たちまち評判(ひょうばん)になりました。
「ちょっと、おへそを押しておくれ」
 パナンペがおへそを押すと小鳥の歌が聞こえてきたので、みんなはとても感心しました。
 これを見ていた友だちのペナンペは、パナンペがうらやましくてたまりません。
「ふん。ぼくだって、それくらい出来るさ」
と、ばかり、パナンペのまねをして、おへそをギュッと力いっぱい押しました。
 すると、お尻から、
「ブーーーーッ!」
と、大きなおならが出てきたのです。
「ペナンペのは、ずいぶんとへんな小鳥の歌だね。ハハハハハハハッ」
 みんなが大笑いするので、ペナンペは恥ずかしくくなってこそこそと逃げ出しました。

おしまい

前のページへ戻る


     9月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界の法の日
きょうの誕生花
玉簾(たますだれ)
きょうの誕生日・出来事
1958年 玉置浩二(俳優)
恋の誕生日占い
礼儀正しく上品な女の子
なぞなぞ小学校
米が90粒あるとどうなる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
植物園スタッフ
恋の魔法とおまじない 257
悪いことが起こる前触れ
  9月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
一袋の米
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 風犬のウサギ狩り
きょうの日本民話
歌う、お腹
きょうのイソップ童話
ロバとセミ
きょうの江戸小話
ろうそく
きょうの百物語
雄ジカの目
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識