福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの日本民話 > 9月の日本民話 >川場温泉(弘法大師のお話し)

9月29日の日本民話

川場温泉

川場温泉

群馬県に伝わる弘法話 → 群馬県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかしむかし、川場温泉というところはとても水不足で、温泉どころか普段の飲み水にも困っていました。
 ある日の事、旅の途中の弘法大師がこの地を訪れて、一人の老婆に水を頼みました。
「すみません。長旅でのどが渇いて困っております。どうか水を、めぐんで頂けないでしょうか?」
 すると老婆は、にっこり笑って、
「はい。それではこれをどうぞ」
と、貴重な水を、大師に差し出したのです。
「ありがたい。これは、おいしそうだ」
 大師はそれをゴクゴクと飲み干すと、老婆に尋ねました。
「見たところ、このあたりでは水に不自由しておるようだが」
「はい。確かに水にも不自由しておりますが、このあたりは食べ物が悪いせいか、脚気(かっけ)になる者が多くいて困っております。もしここに温泉がわいたら、どんなにか役に立つでしょうね」
「なるほど、温泉ですか。・・・やった事はないが、この土地なら」
 大師はそう言うと、手に持った錫杖(しゃくじょう)の先で地面を何度かコンコンと叩きました。
「よし、これならいけそうだ」
 そして錫杖を振り上げた大師が力強く振り下ろすと、そこからたちまち湯煙があがって豊富なお湯がわきはじめたのです。
「これは、温泉! お坊さま、ありがとうございます!」
 老婆は大喜びで大師にお礼を言おうとしましたが、気づいたときには大師の姿はなかったそうです。

 川場温泉では今でも湯船のそばに弘法大師をまつっており、この温泉の湯は脚気に効くと評判だそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
招き猫の日
きょうの誕生花
チトニア(Tithonia)
きょうの誕生日・出来事
1980年 榎本加奈子(女優)
恋の誕生日占い
落ち着いた優等生で、仕事を積極的に行います
なぞなぞ小学校
木を削ると、黒い顔を出す物は?
あこがれの職業紹介
フットセラピスト
恋の魔法とおまじない 273
安産のおまじない
  9月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミの相撲(すもう)
きょうの世界昔話
百匹のヒツジ
きょうの日本民話
川場温泉
きょうのイソップ童話
ネズミを怖がるライオンとキツネ
きょうの江戸小話
鉄砲と財布(さいふ)
きょうの百物語
エンコウ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識