福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > エンコウ

9月29日の百物語

土佐のエンコウ

エンコウ
高知県の民話 → 高知県の情報

 高知県ある地域では、むかしからカッパの事を『エンコウ』と呼んでいるそうです。
 エンコウは川が大きな淵(ふち)になっているところに住んでいて、夜になると岸へ上って来ると言われています。
 そしてエンコウの歩いた跡は、とても生臭い匂いが残っていると言われています。

 明治二十年のある秋の夕暮れ、力自慢の男が川にかかった板橋の上にさしかかりました。
 男が橋の上から川を見ると、今まで見た事もない生き物が川上へ向かって泳いでいたのです。
「人の子どもの様だが、あのぬめぬめと光る肌は人のものではない。あれは噂に聞く、エンコウに違いない」
 そこで男は人間の頭ほどもある石を拾って、その不思議な生き物に投げつけました。
 ゴチーン!
 石は確かに命中しましたが、日が落ちて暗くなって来たので、男はそのまま家へ帰ってしまいました。

 次の日、橋の下流の方で、エンコウが死んで川岸に打ちあげられたと大騒ぎになりました。
 そのエンコウは頭の上に梅干しほどのくぼみがあり、手と足の指の間には水かきがついていて、とても嫌な匂いを放っていました。
「どうする? このエンコウ」
「どうするって、このままにしておくわけにはいかんだろう」
「そうだな、たたられても困るし」
 そこで村人は占い師を呼んできて、どうすればいいのかを占ってもらいました。
 すると占い師にエンコウの霊が取り憑いて、こう言ったのです。
「おらは、この川に住むエンコウじゃ。
 むかしからの言いつけで、あの橋から上流へは行ってはならんと言われていたが、おらはそれを破って上流へ行ってみた。
 そして男に石を投げられて、死んだのだ。
 おらが死んだのは言いつけを破った罰だから、お前たち人間にたたる事はない」
 エンコウの言葉通り、石を投げた男も村人たちも、それから何事もなく暮らしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
招き猫の日
きょうの誕生花
チトニア(Tithonia)
きょうの誕生日・出来事
1980年 榎本加奈子(女優)
恋の誕生日占い
落ち着いた優等生で、仕事を積極的に行います
なぞなぞ小学校
木を削ると、黒い顔を出す物は?
あこがれの職業紹介
フットセラピスト
恋の魔法とおまじない 273
安産のおまじない
  9月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネズミの相撲(すもう)
きょうの世界昔話
百匹のヒツジ
きょうの日本民話
川場温泉
きょうのイソップ童話
ネズミを怖がるライオンとキツネ
きょうの江戸小話
鉄砲と財布(さいふ)
きょうの百物語
エンコウ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識