福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 11月の日本民話 > 鳥になったおばあさん

11月26日の日本民話

鳥になったおばあさん

鳥になったおばあさん
沖縄県の民話沖縄県情報

 むかしむかし、鉄砲打ちのおじいさんが山へ出かけると、今まで見た事がない金色の鳥が飛んでいました。
(なんと美しい鳥だ。もしかすると、神さまの鳥かもしれないぞ)
 おじいさんが見とれていると、金色の鳥がおじいさんのそばに来て言いました。
「どうして、わたしをうたないのですか? 鳥をうたなくては、暮らしていけないのでしょう?」
 するとおじいさんは、首を振って言いました。
「わしは、ばあさんと二人暮らしだ。お前一羽をうたなくても、なんとか暮らしていけるよ。それに、お前みたいに美しい鳥をうつなんて、わしには出来ないよ」
「そうですか。では、お二人が楽に暮らしていけるようにしてあげますから、これからは鳥やけものをとるのはやめてくださいね」
 金色の鳥はそう言ったかと思うと、まっすぐおじいさんの家の方へ飛んで行きました。
(やはり、あの鳥は神さまの鳥かもしれないぞ)
 おじいさんは金色の鳥に手を合わせると、自分の家に帰りました。
 すると不思議な事に、ボロ小屋だった自分の家が立派なお屋敷にかわっていたのです。
「こりゃ、たまげた!」
 おじいさんがビックリしていると、中からおばあさんが出て来て言いました。
「おじいさん。さっき立派な身なりの人がやって来て、あっという間に家を屋敷にかえてくれたんです。おまけに米も着物もお金も、どっさりと運んでくれたのです。もう、何が何やら」
 そこでおじいさんは、山で出会った金色の鳥の事を話してあげました。
「するとこれは、山の神さまのおめぐみかもしれませんね。おじいさん、これからはもう鳥やけものをうつのはやめてくださいね」
「ああ、もう鉄砲打ちはやめだ。これからは二人で、のんびり暮らそう」
 おじいさんは鉄砲打ちをやめて、おばあさんと二人で静かに暮らしました。

 さて、働かなくても暮らしていけるようになった二人は、何をして時間をつぶせばよいのかわかりません。
 ある日、おばあさんがおじいさんに言いました。
「ああ、たいくつで死にそう。
 もしも鳥みたいに空を飛ぶ事が出来たら、どんなに楽しいでしょうね。
 おじいさん、一度でいいから空を飛べるようにと、金色の鳥にたのんできてくれませんか」
「空をか、それは楽しそうだ。よし、山へ行って金色の鳥を探してみよう」
 おじいさんが山に行くと、金色の鳥はすぐに見つかりました。
「金色の鳥さん。おかげで、おだやかな毎日を過ごしているよ。ところで、おばあさんが一度でいいから空を飛びたいと言っているのだが、願いをかなえてやってもらえないだろうか?」
「わかりました。では、すぐ飛べるようにしてあげましょう」
 そう言って金色の鳥は、おじいさんの家の方へ飛んで行きました。

 さて、おじいさんが家にもどるとどうでしょう。
 おばあさんが烏になって、屋根の上に止まっているではありませんか。
 鳥になったおばあさんが、おじいさんに言いました。
「おじいさん、さっき立派な身なりの人がやって来て、わたしを鳥にしてしまったんですよ。いくら空を飛びたいと言っても、鳥になるのはごめんです。早く金色の鳥にお願いして、元の人間にもどしてください」
 おじいさんはあわてて山へもどると金色の鳥を探しましたが、しかし金色の鳥は二度と姿を現しませんでした。

 おじいさんはしかたなく、鳥になったおばあさんと暮らしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     11月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ペンの日
きょうの誕生花
蝦蛄葉(しゃこば)サボテン
きょうの誕生日・出来事
1983年 丸山隆平 (タレント)
恋の誕生日占い
空想の世界が大好きなロマンティスト
なぞなぞ小学校
お日さまに足が生えたら、何になる?
あこがれの職業紹介
証券アナリスト
恋の魔法とおまじない 331
色々な人と仲良くなるおまじない
 11月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
灰まき童子
きょうの世界昔話
医者の息子
きょうの日本民話
鳥になったおばあさん
きょうのイソップ童話
お百姓と運命の女神
きょうの江戸小話
助太刀
きょうの百物語
カッパと伝次の約束
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識