福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 >ほら吹き男爵 沼に落ちかけた馬と男爵

3月2日の世界の昔話

ほら吹き男爵 沼に落ちかけた馬

ほら吹き男爵 沼に落ちかけた馬と男爵
ビュルガーの童話 → ビュルガーの童話について

 わがはいは、ミュンヒハウゼン男爵(だんしゃく)。
 みんなからは、『ほらふき男爵』とよばれておる。
 今日も、わがはいの冒険話を聞かせてやろう。

 ある戦争に参加した時、わがはいは馬で沼を飛びこそうとした。
 ところが飛びあがってから、その沼がばかに広い事に気がつき、あわてて空中で、
「まわれ右!」
と、自分で号令をかけて引き返した。
 そして今度は、さっきよりも勢いをつけて、
「えいっ!」
と、空高く飛んだ。
 ところが、それでも駄目だった。
 普段なら、わがはいの馬術で簡単に飛べただろうが、この時、わがはいは着ていた甲冑(かっちゅう)の重さを計算に入れていなかったのだ。
 ああ、なんたる不覚。
 わがはいはそのまま、馬もろとも沼に落ちかかった。
 しかもこの沼は、おそろしい底なし沼だ。
 甲冑姿で落ちたら、絶対にはいあがる事は出来ない。
「えい、こうなれば!」
 わがはいは馬の腹を両ひざにはさむと、自分で自分のえり首をぐっとつかみあげて、馬もろとも沼から引っ張りあげて命拾いをしたのだ。
 自分で言うのもなんだが、わがはいの怪力は大したものだ。

 今日の教訓は、『甲冑は、想像以上に重い』だ。
 きみたちも甲冑を着る事があったら、甲冑の重さには十分注意するように。

 では、また次の機会に、別の話をしてやろうな。

おしまい

前のページへ戻る


     3月2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
遠山の金さんの日
きょうの誕生花
アイスランド・ポピー(Iceland poppy)
きょうの誕生日・出来事
1980年 優木 まおみ (タレント)
恋の誕生日占い
白馬の王子様を待っているロマンティスト
なぞなぞ小学校
さかさまにすると、6回も叩かれる袋は?
あこがれの職業紹介
サッカー選手
恋の魔法とおまじない 062
言い伝え、鳥のフン
  3月2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
岩になった鬼
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 沼に落ちかけた馬と男爵
きょうの日本民話
龍神さまの掛軸
きょうのイソップ童話
(うれしい事)と(嫌な事)たち
きょうの江戸小話
トンビとカラスの話
きょうの百物語
なます好きの藤五郎
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識