福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 4月の世界昔話 >クモにされた女の子

4月7日の世界の昔話

クモにされた女の子

クモにされた女の子
ギリシアの昔話 → ギリシアの国情報

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、ギリシアの国に、たいそうはたおりの上手な女の子がいました。
 女の子の名前は、アラクネと言います。
 アラクネは、毎日毎日、はたおり機の前に座って、色々なもようの布をおりました。
 アラクネのおるおり物の美しさは大変な評判(ひょうばん)で、国中に知れ渡りました。
 いや、国中どころか、外国にまで有名になりました。
 そして遠くの国からも、わざわざアラクネのはたおりを見に来る人もいたのです。
「まったく、アラクネのおり物ときたら、すばらしい」
「もようの美しさは、目が覚める様ね」
「世界一のおり物だ」
 みんながほめるので、アラクネは得意になって、いばるようになりました。
「その通り。世界中で、あたしぐらいはたおりの上手な者はいないでしょう。はたおりの神さまのアテナさまだって、あたしほど上手におる事は出来ないわ」
 そのうわさを聞いたアテナは、
「なんてうぬぼれの強い子だろう。よし、わたしが行って、たしなめてやろう」
と、言いました。
 そしておばあさんに姿を変えると、アラクネの家へ行きました。
「なるほど、お前さんはなかなかはたおりが上手だね。大したもんだ。でもね、いくら上手だからって、神さまをバカにしてはいけないよ」
 アテナが言うと、アラクネはいばって言い返しました。
「だって、あたしはアテナさまよりうまいんですもの。うそだと思うなら、競争(きょうそう)してもいいわ」
「何を、なまいきなっ!」
 アテナは、パッと元の姿になりました。
「さあ、わたしとはたおりの竸争をしよう」
「いいわ。あたしの腕前を見せてあげる」
 アテナとアラクネは、はたおりの競争を始めました。
 二人とも、ものすごい勢いで布をおりはじめました。
 どちらも負けるものかと、夢中で布をおります。
 やがて二人とも、すばらしい布をおりあげました。
 アテナのおったもようは、美しい神さまの姿でした。
 ところがアラクネのおったもようは、神さまたちがけんかをしている様子でした。
「お前は、よくも神さまをバカにしたね!」
 アテナはカンカンに怒って、アラクネのおった布をズタズタに引き裂くと、アラクネの頭をつえで三回叩きました。
 すると、どうでしょう。
 アラクネの体はみるみるうちに小さくなり、フサフサと美しかった髪の毛もなくなり、お腹がふくらんできました。
 そして、手や足は八本になりました。
 おまけに、毛むくじゃらです。
 アラクネは、みにくいクモにされてしまったのです。
「うぬぼれのおバカさん、そんなにじまんするのなら、いつまでもはたをおっているがいい」
 アテナはそう言って、クモになったアラクネをにらみつけました。

 クモになったアラクネは今でも銀色の糸を出して、一生懸命はたをおっているのです。

おしまい

前のページへ戻る

     4月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界保健デー
きょうの誕生花
ディモルフォセカ(Dimorphotheca)
きょうの誕生日・出来事
1984年 Hiro(島袋寛子) (歌手)
恋の誕生日占い
まじめで正直で責任感が強い
なぞなぞ小学校
イカが逆立ちすると、何になる?
あこがれの職業紹介
ケーキ販売員
恋の魔法とおまじない 098
ライバルから好きな人を勝ち取るおまじない
  4月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ニワトリのおなら
きょうの世界昔話
クモにされた女の子
きょうの日本民話
負けず嫌いのアマガエル
きょうのイソップ童話
ラクダとゼウス
きょうの江戸小話
あごとかかと
きょうの百物語
白ヘビのたたり
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識