福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話 > 死神の名付け親

5月13日の世界の昔話

死神の名づけ親

死神の名付け親
グリム童話 →グリム童話の詳細

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、まずしい男に子どもが生まれた。
 男は道で出会った者に、子どもの名付け親になってもらおうと考えました。
 まず会ったのは、お尻に尻尾の生えた悪魔(あくま)です。
 しかし男は、悪魔は人をだますからいやだと断りました。
 次に会ったのは、骨だけの死神です。
 死神は金持ちでも貧乏でも、公平に死をあたえる神です。
 そこで男は、死神に名付け親を頼みました。
 頼まれた死神は、名付けた子どもを裕福(ゆうふく)にしてやると約束しました。
 そしてその子が大きくなると、あの時の死神が現われたのです。

 死神はその子を森に連れて行き、ある薬草を指さしました。
「お前に、プレゼントをしてやろう。
 医者に、なるんだ。
 お前が病人をみる時には、必ずわたしがいてやろう。
 わたしが病人の頭の方にいたら、この薬草で治せるだろう。
 しかし足の方にいたら、助からないからな」
 しばらくすると、その若い男は名医といわれるようになりました。

 そんなある日、王さまが病気になったのです。
 さっそく呼ばれて男が行くと、死神は王さまの足の方に立っていました。
 このままでは、王さまは死んでしまいます。
 男は何か死神をだます方法はないかと考え、ある方法を思いつきました。
「王さまをベッドごと持ち上げて、頭と足を逆にしてください」
 こうしておいて、あの薬草を飲ませると、王さまの病気はたちどころに治ってしまいました。

 その日の夜、死神は男の所にやって来て、
「今度あんな事をしたら、ただではすまない。二度とするなよ」
と、言いました。
 しばらくすると今度は、お姫さまが病気になりました。
 悲しんだ王さまは、姫の病気を治した者に姫を嫁にやると言ったのです。
 そこでまた男が、お城にやって来ました。
 見ると、死神はまた足の方にいます。
 死神の言葉を忘れたわけではありませんが、男はお姫さまの美しさに目がくらんで、王さまを治したのと同じ方法でお姫さまの病気を治したのです。

 その日の夜、死神は男をひっつかむと、ある洞窟(どうくつ)の中へ引っぱって行きました。
 そこには、たくさんのローソクが並んでいます。
「どうだ、きれいだろう。
 これが、生命(せいめい)のローソクだ。
 この太くて長いのは、元気な若者の物。
 この小さいのは、年寄りの物だ」
 男は自分のを、見せてくれるように頼みました。
 するとそれは、今にも消えそうな小さいローソクだったのです。
「本当は、お前のローソクはまだまだ太くて長い物だったのだが、王と姫を助けてやったために、こんなに小さくなってしまったのだ」
「お願いです!
 もう、あんな事はしません。
 どうか大きなローソクを、つぎたしてください」
 男が泣いて頼むので、死神は大きなローソクを持って来ました。
 そして火をうつすようなふりをして、小さな男のローソクを消してしまったのです。
 そのとたん、男は死んでしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     5月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
愛犬の日
きょうの誕生花
ボロニア(Boronia)
きょうの誕生日・出来事
1965年 太田光 (タレント)
恋の誕生日占い
嘘や隠し事が嫌いな、真面目な優等生
なぞなぞ小学校
一年に、一度しか見る事が出来ない夢は?
あこがれの職業紹介
エッセイスト
恋の魔法とおまじない 134
男の子をひきつけるおまじない
  5月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
地獄のあばれもの
きょうの世界昔話
死神の名づけ親
きょうの日本民話
娘の生まれかわり
きょうのイソップ童話
けちんぼう
きょうの江戸小話
泥棒の泥棒
きょうの百物語
おりょう坂
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識