昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 日本語昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) > がいこくご > にほんむかしばなし

わらしべ長者

わらしべ ちょうじゃ

(日本昔話)

♪Reading in Japanese
音声 スタヂオせんむ




にほんご  ・ えいご  ・ はんたい ちゅうごくごかんたい ちゅうごくご

にほんご&えいご ・ にほんご&はんたい ちゅうごくご ・ にほんご&かんたいちゅうごくご

 むかしむかし、ある わかもの が、おてら で かんのんさま に おねがい を しました。

「どうか、おかねもち に なれます ように」

 すると、かんのんさま が いいました。

「ここ を でて、はじめ に つかんだ もの が、おまえ を かねもち に してくれるだろう」

 よろこんだ わかもの は、おてら を でた とたん、いし に つまずいて スッテン と ころびました。

 そして その ひょうし に、いっぽん の わらしべ を つかみました。

「かんのんさま が おっしゃった、はじめ に つかんだ ものって、これ の こと かなあ?

 とても、これ で かねもち に なる とは おもえない が」

 わかもの が くび を ひねり ながら あるいて いると、プーン と いっぴき の アブ が とんで きました。

 わかもの は その アブ を つかまえる と、もっていた わらしべ に むすんで あそんで いました。

 すると むこう から りっぱ な ぎっしゃ が やってきて、なか に のっている こども が いいました。

「あの アブ が、ほしい よう」

「ああ、いいとも」

 わかもの が こども に アブ を むすんだ わらしべ を あげる と、けらい の もの が おれい に ミカン を みっつ くれました。

「わらしべ が、ミカン に なったな」

 また あるいて いる と、みちばた で おんなのひと が、のど が かわいた と いって くるしんで います。

「さあ、みず の かわり に、この ミカン を どうぞ」

 おんなのひと は ミカン を たべて、げんき に なりました。

 そして おれい にと、うつくしい ぬの を くれました。

「こんど は、ミカン が ぬの に なったな」

 わかもの が その ぬの を もって あるいて いると、ウマ が たおれて こまって いる おとこのひと が いました。

「どうしました?」

「ウマ が びょうき で たおれて しまった のです。

 まち に いって ぬの と こうかん する よてい だった のに。

 きょうじゅう に ぬの を て に いれない と、こまる の です」

「では、この ぬの と ウマ を こうかん して あげましょうか?」

 わかもの が いう と、おとこのひと は おおよろこび で ぬの を もって かえりました。

 わかもの が ウマ に みず を やったり からだ を さすったり すると、ウマ は たちまち げんき に なりました。

 よく みる と、たいへん りっぱ な ウマ です。

「こんど は ぬの が、ウマ に なったな」

 その ウマ を つれて、また わかもの が あるいて いると、こんど は ひっこし を している いえ が ありました。

 そして そこ の しゅじん が、わかもの の りっぱ な ウマ を みて いいました。

「きゅう に たび に でる こと に なって ウマ が ひつよう なの じゃが、

 その ウマ を わし の いえ や はたけ と こうかん して もらえない かね」


 わかもの は りっぱ な いえ と ひろい はたけ を もらって、おおがねもち に なりました。

 いっぽん の わらしべ から おおがねもち に なった ので、みんな は この わかもの を 『わらしべちょうじゃ』と よびました。

おしまい

前のページへ戻る


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識