昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(Hukumusume fairy tale collection) > がいこくご(Foreign language)

>にほんのむかしばなし(Japanese classical stories)

二月の桜
イラストレーター 「雪の雫」  イラストダウンロード サイズ2880px×2160px

にがつ の さくら
The Cherry Tree of Sakuradani


(にほんのむかしばなし)(えひめけんのみんわ)
(Japanese classical stories)(Ehime)

ほんやく(Translation) ハンター ローレンス(Laurence Hunter)

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
桜の折り紙さくら

♪Reading in Japanese
音声 スタヂオせんむ

♪Reading in English
Reading Google Translate



にほんご(Japanese) ←→ にほんご(Japanese) & えいご(English) ←→ えいご(English)

 むかしむかし、さくらだに と いう ところ に、おじいさん が まご の わかもの と いっしょ に すんでいました。
 Once upon a time, an old man lived with his grandson in a place called Sakuradani.

 この さくらだに には、むかし から おおきな さくら の き が あります。
 Sine long ago there stood a magnificent tree in the place of Sakuradani.

 おじいさん は こども の ころ から さくら の き と ともだち で、はる が きて まんかい の はな を さかせると、おじいさん は はたけしごと も しないで さくら を うっとり と ながめていました。
 When the old man was a child, every year when the spring came ,the cherry tree would come into full bloom, he would stop his work in the field and gaze on spellbound at it’s beauty.

 そして はなびら が ちる と、おじいさん は その はなびら を いちまい いちまい あつめて き の した に うめました。
 And when the petals of the tree would scatter themselves across the ground, he would gather them up one by one and bury them under the tree .

「さくらや。ことし も たのしませてくれて、ありがとうよ」
"Oh, cherry tree.Thank you for the pleasure you give me year after year."

 さて、その おじいさん も やがて とし を とり、とうとう うごけなく なりました。
 The old man had now gotten on in years and had become unable to move as well as he used to.



 にがつ の ある さむい ひ、おじいさん は きたかぜ の おと を ききながら、ぽつん と わかもの に いいました。
 Now, one cold day in February, the old man sat still listening to the sound of the North Wind and spoke to his grandson.

「わし は いままで いきてきて、ほんとう に しあわせ じゃった。だが、しぬまえ に もういちど、あの さくら の はな を みたい ものじゃ」
"I have lived a happy life.But how I would dearly love to see that cherry tree's flowers in bloom just one more time. "

「そんな こと を いったって、いま は にがつだ。いくら なんでも・・・」
"But now it's February, how could such a thing happen.No matter how much ..." Replied his grandson.

 わかもの は そう いいかけて、くち を つぐみました。
 But the young man paused in sentence, then kept silent.

 おじいさん が め を つむり、なみだ を こぼして いるのです。
 The old man then closed his eyes and tears fell from his face.

 きっと、さくら の はな の すがた を おもいうかべて いるのでしょう。
 Surely, he must have been picturing in his mind the image of the cherry blossoms.

「おじいさん、まっていろよ」
"Grandfather, wait!"

 わかもの は じっと して いられず に、そと へ とびだしました。
 The young man, without waiting jumped up and ran outside.

 そして つめたい きたかぜ の なか を はしって、さくら の き の した に いきました。
 He ran through the cold North Wind and went to a place just under the great cherry tree.

 きょう は とくべつ に さむい ひ で、さくら の き も こごえる よう に ほそい えださき を ふるわせています。
 That day it was particularly cold and the thin branches of the tree seemed to be shaking with the freezing cold.

 わかもの は さくら に て を あわせる と、たのみました。
 The young man then put both hands together and begged of the tree.

「さくら の き よ。どうか、おねがいです。はな を さかせてください。
"O great cherry tree .Somehow, please , make you’re flowers bloom.

 おじいさん が し に そう なんです。
 My grandfather will soon pass away.

 おじいさん が いきている あいだ に、もういちど はな を みせて やりたいんです」
 While my grandfather is still alive, I would like you to show your flowers once more."

 わかもの は なんじも なんども いのりつづけて、よる が きて も き の した を うごこうとは しませんでした。
 The young man prayed continuously and repeatedly under the tree, and even though night came he did not move.



 やがて よ が あけて、あさ が きました。
 Eventually day broke and morning came.

 さくら の き の した で いのりつづけていた わかもの は、あまり の さむさ で き を うしなっていました が、きゅう に あたたかさ を かんじて め を さましました。
 Although the young man who had continued praying under the cherry tree had lost consciousness from the extreme cold , he suddenly felt warmth and was awakened .

「どうして、こんな に あたたかいんだ? それに、あまい はな の かおり が するぞ」
"Why is it so warm? Also, I can smell the sweet scent of flowers."

 わかもの は ゆっくり と かお を あげて、さくら の き を みあげました。
 The young man raised his face slowly and looked at the cherry tree.

「あっ!」
"And low and behold!"

 なんと ふしぎなこと に、さくら の き には えだいっぱい に はな が さいて いたのです。
 What a sight he saw, the cherry tree, from branch to branch was full of blooming flowers

 にがつ の こんなに さむい ひ に、しかも たった ひとばん で さいたのです。
 All on a cold day in February ,and what's more ,they had all bloomed over night.

「ありがとうございます!」
"Thank you!"

 わかもの は さくら の き に れい を いう と、おじいさん の まつ いえ へ はしって かえりました。
 The young man thanked the cherry tree and ran back to the house where his grandfather was waiting.



「おじいさん! おじいさん! わたし が おんぶ する から、いっしょ に きて ください」
"Grandfather! Grandfather! I will carry you on my back, come quick."

「なんじゃ? どうしたんじゃ?」
"What?  What is it?

「いいから、でかけますよ」
"Just come on, we are going out."

 わかもの は おじいさん を せおう と、さくらだに へと むかいました。
 The young man then carried his grandfather on his back and set off for Sakuradani, where the cherry tree was.

 やがて、さくら の き が だんだん ちかづいてくると、
 Before long they got gradually closer to the cherry tree.

「おおっ・・・」
"What's this!! ..."

 おじいさん は おどろいて ことば も だせず に、ただ なみだ を ぽろぽろ と こぼしました。
 The old man upon seeing this was so taken aback that he was speechless with tears .

「よかったですね。おじいさん」
"Oh, isn't it wonderful, grandfather."

 さくら の はな は あさひ を あびて、キラキラ と ひかりかがやいて います。
 The flowers of the cherry tree stood there glittering and sparkling in the morning sun.

「これほど みごと な さくら の はな を、わし は いままで みた こと が ない。わし は、ほんとう に しあわせもの じゃ」
"I have never, in my life seen such beautiful flowers as I can see now. I really am so blessed to see such a sight "

 そう つぶやく おじいさん に、わかもの も なみだ を こぼしながら うなづきました。
 While his grandfather uttered these words the young man nodded in agreement while shedding tears.



 それから まもなく、おじいさん は なくなりましたが、
 Soon after that the old man passed away.

 それから も さくらだに の この さくら の き は、まいとし にがつ じゅうろくにち に なると みごとな はな を さかせたそうです。
 Since then it is said that the great cherry tree of Sakuradani blooms with the most magnificent flowers on the 16th of February each year.

おしまい
The end

ワンポイントアドバイス A thing to ponder: Miracles can happen with a little faith.

前のページへ戻る
(Click here to return)


福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識