福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 2月の世界昔話 >幽霊の子守り ドイツの昔話

2月20日の世界の昔話

幽霊の子守り

幽霊の子守り
ドイツの昔話ドイツの情報

♪音声配信(html5)
朗読 : ちいさんの、ちいさな童話

 これは、十八世紀のドイツであったお話です。
 ある町の鍛冶屋のケックさんの家には、幽霊(ゆうれい)が出るといううわさがたちました。
 その幽霊は夜中の十二時頃になると、片方の手に大きなカギの束(たば)を、もう一方の手にはロウソクをともした燭台(しょくだい)を持って、どこからともなく現れるのです。
 白いドレスのすそを引きずって家の中をスーッと音もなく通り抜け、時々、月の光の様に白く輝いて部屋を照らすことから、人々はその幽霊を『白い女』と呼んでいました。
 ケックさんの家のあたりは、むかし小さなお城があったところです。
 その城では大きなホールが事故で崩れ落ちて、たくさんの人が生き埋めになりました。
 その時に死んだ人の魂が、『白い女』の幽霊になったと言い伝えられています。

 さて、ケックさんと奥さんのアグネスさんに十番目の子どもが生まれて、カテリーナと名づけられました。
 ある晩の事、ケックさん夫婦は何か気配を感じて目を覚ましました。
 目をこらすと、暗い部屋をかすかに白い光が横切って行きます。
「誰かいるわ」
「白い女だ。カテリーナのゆりかごのところだ」
「まあ、なんて事なの!」
 お母さんは娘の所へ行こうとしたのですが、恐ろしさのあまり体がガタガタと震えて、一歩も動く事が出来ません。
「大丈夫だ、落ち着きなさい」
 お父さんはカテリーナをビックリさせてはいけないと、少し離れたところから静かに見守っていました。
 白い女は、優しくゆりかごをゆすっています。
 カテリーナは気持ちよさそうに、スヤスヤと眠っていました。
「心配ないさ。この子は、十二月生まれだ」
「そうね。クリスマスシーズンに生まれた子は、幽霊に出会うって言うものね」
 ケックさん夫婦は安心して、白い女に子守りを任せて眠りにつきました。

 白い女は、それから毎晩の様に姿を現しました。
 そして、ゆりかごをゆすったり、カテリーナを抱っこして歩き回ったりと、カテリーナをうまくあやしてくれたのです。
 それは、二年ほど続きました。
 おかげでカテリーナはスクスクと元気に育ち、暗闇を怖がらない子になりました。
 カテリーナが大きくなると、家の人たちはよく幽霊の話をして聞かせます。
「白い女が、あなたのゆりかごをゆすってくれたのよ」
「まあ、会ってみたいわ」
 カテリーナは夜になると、幽霊が現れないかと楽しみに待っていましたが、大きく成長したカテリーナの前に、白い女が姿を現す事はありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     2月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
歌舞伎の日
きょうの誕生花
黄梅(おうばい)
きょうの誕生日・出来事
1950年 志村けん (タレント)
恋の誕生日占い
優しく素直で涙もろい
なぞなぞ小学校
相手に背中を見せていると、勝負に勝っているのは?
あこがれの職業紹介
義肢装具士
恋の魔法とおまじない 051
両思いになるおまじない
  2月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
火事の知らせ方
きょうの世界昔話
幽霊の子守り
きょうの日本民話
千亀女(せんかめじょ)
きょうのイソップ童話
クジャクとカラス
きょうの江戸小話
話半分
きょうの百物語
二人の幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識