福娘童話集 > 新作の紹介 福娘童話集 きょうの新作昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
     9月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
空の日
きょうの誕生花
彼岸花(ひがんばな)
きょうの誕生日・出来事
1977年 安室奈美恵(歌手)
  9月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かなシイ木と、うれシイ木
きょうの世界昔話
チワンの錦
きょうの日本民話
アワの長者
きょうのイソップ童話
オオカミとイヌ
きょうの江戸小話
罪ほろぼし
きょうの百物語
酒呑童子
 


福娘童話集 > きょうの新作昔話 > 大男の国

2013年 9月20日の新作昔話

大男の国

大男の国
徳島県の民話徳島県の情報

 むかしむかし、二人の男が旅をしていて、一つ目の大男たちの住んでいる国へと迷い込みました。
 この大男の国では、お城の様に大きな家が建っていて、畑には人間よりも大きな菜っ葉が植えられています。
「これは、とんでもない所へ来たものだ。はやく逃げないと、大男に捕まってしまうぞ」
 二人がびくびくしながら歩いていると、にわかに空が曇って滝の様な大雨になりました。
 二人は慌てて、大木の下に入りました。
「なんて雨だ! こんな大降りは初めてだ!」
 大雨はどんどん激しくなり、雨の中では息も出来ないほどです。
 すると近くを一つ目の大男たちが通りかかり、
「おや? 小雨が降ってきたのう」
「ああ、ちょっと物足りないが、いいおしめりじゃ」
と、言うのです。
「これが、小雨だと?」
 二人は、青くなりました。
 実はこの国の雨の雨粒は、米俵ほどの大きさが当たり前です。
 それに比べれば、この滝の様な大雨も小雨程度なのです。

 さて、旅人の一人がふと前を見ると、畑に大きなカボチャがありました。
 そのカボチャの下の方に、虫の食った穴が開いています。
 穴と言っても、人間が立って通れるほどの大きさですが。
「よし、あそこへ逃げこもう」
 二人の男は、その穴に飛び込みました。

 やがて雨があがると一つ目の大男がやって来て、二人が逃げ込んでいるカボチャをヒョイと持ち上げました。
「今日は、このカボチャを煮て食おう」

 一つ目の大男はカボチャをまな板の上に乗せると、カボチャを手で二つに割りました。
 ガバッ!
 すると中から、二人の男が飛び出してきます。
「ありゃ、これはなんだ? 虫か?」
 一つ目の大男が珍しそうに二人を見つめていると、別の大男が台所にやって来ました。
「どうした? 飯の支度はまだか?」
 カボチャを割った一つ目の大男が、二人を指さして言いました。
「これを見ろ。珍しい物がいるぞ」
「へええ、これはまた小さな虫だな。いったい、どこで捕まえたんだ?」
「カボチャの中から出てきたんだ」
「カボチャ? するとカボチャを食う虫か? それなら、潰してしまおう」
 それを聞いて、旅人の一人が大声でどなりました。
「わしらは、人間だ! この国に迷い込み、カボチャの中で雨宿りをしていただけだ!」
 しかし一つ目の大男たちには旅人の大声が虫の小さな鳴き声程度にしか聞こえず、何を言っているのか分かりません。
 そのうちに、一人の大男が言いました。
「この小さいのは、どうやら人間の様だ。可哀想だから、人間の国へ返してやろう」
 そこでカボチャを割った一つ目の大男は二人をつまみ上げると、てくてくと歩いて二人を地面におろしてやりました。
「やれやれ、助かった」
 こうして二人の旅人は、無事に自分たちの故郷へと帰ったそうです。

おしまい

ページを戻る

新作の紹介メニュー

福娘童話集

新作の紹介
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト さくら
職業紹介・誕生日占い・おまじないなど
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識