福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 9月の日本昔話 > かなシイ木と、うれシイ木

9月20日の日本の昔話

かなシイ木と、うれシイ木

かなシイ木と、うれシイ木
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもとんちの出来る人がいました。

 ある年のお正月の事です。
 吉四六さんは村人たちと一緒に、山ヘたきぎを取りに行きました。
 その山には、しいの木(→ブナ科の常緑高木)がたくさん生えています。
 村人たちは、せっせと木の枝を落とし、それを束ねてたきぎを作っていきました。
 ところが吉四六さんは大きな木の根っこに腰をかけて、のんびりとタバコをふかしています。
 また、何かとんちを考えているのでしょうか?

 そのうちに、村人たちはたくさんたきぎを取ったので、
「さあ、そろそろ帰ろうか?」
「そうだな。これくらいあればいいだろう」
と、取ったたきぎを背中に背負って、帰ろうとしました。
 それを見ていた吉四六さんが、村人たちに声をかけました。
「おいおい、お前さんたち。そんな物を、かついで帰る気かい?」
 すると村人たちは、おどろいて尋ねました。
「えっ? そんな物って、どういう事だ?」
「だって、そのたきぎは、しいの木ばかりじゃないか」
「そうだよ。それがいけないのか?」
 村人は、不思議そうに尋ねました。
 すると吉四六さんは、こう言いました。
「いけないのなんのって、しいの木は『かなしい』と言って、とても縁起の悪い木だ。
 おまけに今は、お正月じゃないか。
 こんなめでたい時に、何だって『かなしい』木をたくさん家へ持って帰るんだろうね」
 それを聞いた村人たちは、顔を見合わせると、
「へえ、それは知らなかった。
 なるほど、確かにめでたいお正月に『かなしい』木なんぞ持って帰ったら、女房や子どもが可愛そうだな」
と、せっかく集めたたきぎをそこらへ放り出して、また別の木を切り始めました。
「へっへっへ。しめしめ」
 吉四六さんは、みんなが放り出したたきぎを集めて山ほど背中に背負うと、
「それじゃ、みなさん。お先に帰らしてもらいますよ」
と、一人でさっさと帰ろうとしました。
 村人たちは、びっくりして、
「おいおい、吉四六さん。お前、そのしいの木のたきぎは『かなしい』と言って、とても縁起が悪いって言ったじゃないか」
「そうだよ。そんな物をかついで、どうするつもりだ?」
と、口々に言いました。
 すると吉四六さんは、すました顔で言いました。
「いやいや、このしいの木は、『うれしい』と言ってな、とても縁起が良い物なんだ。
 まして今は、お正月じゃないか。
 こんな縁起の良い事があるもんか」
 それを聞いた村人たちは、
「しまった。またしても、吉四六さんにやられたわ」
と、くやしがったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
空の日
きょうの誕生花
彼岸花(ひがんばな)
きょうの誕生日・出来事
1977年 安室奈美恵(歌手)
恋の誕生日占い
大人のおしゃれセンスを持ったお姉さん
なぞなぞ小学校
馬が群れになっている県は? (都道府県なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
童話作家
恋の魔法とおまじない 264
悲しみが消えるおまじない
  9月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
かなシイ木と、うれシイ木
きょうの世界昔話
チワンの錦
きょうの日本民話
アワの長者
きょうのイソップ童話
オオカミとイヌ
きょうの江戸小話
罪ほろぼし
きょうの百物語
酒呑童子
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識