福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 2月の日本昔話 > 星を落とす

2月5日の日本の昔話

星を落とす

星を落とす
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 鈴河  運営サイト : 水田の中の隠れ家

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日の事、吉四六さんが、村人たちに向かって言いました。
「今夜、わたしは空の星をほうきではいて落とすから、みんなで拾いに来て下さいな」
「何だって? 空の星をほうきで落とす。はん。馬鹿馬鹿しい事言うな」
「じゃあ、来なくてもいいですよ。わたしが一人で落とすから。あの空の星はみんな金で出来ているから、わたし一人で拾ってお金持ちになるから。後でうらやましがったって知らないから」
 そう言う吉四六さんの言葉に、村人たちもついつい欲が出て、
「それじゃあ、試しに行ってみようか?」
「そうだな。万が一と言う事があるし」
と、夜になると吉四六さんの家の周りに集まってきました。
 しかし、肝心の吉四六さんがどこにもいません。
「おかしいな、吉四六さんはどこへ行ったのだろう?」
「おーい。吉四六さーん!」
 誰かが呼んでみると、
「おーい。ここだ」
と、頭の上で答える声がします。
 見てみると吉四六さんが屋根の上に登っていて、手に長い竹ぼうきを持っていました。
「吉四六さん、星はまだ落ちないのかい?」
「まあ、そんなに急ぐもんじゃあないよ。もう少し、待ちなさい」
 そう言って吉四六さんは、空を見上げました。
 暗い空には、キラキラとたくさんの星が光っています。
「ところで吉四六さん。あんな高い空まで、ほうきが届くのかい?」
 みんなが笑いながら言うと、吉四六さんはまじめな顔で、
「届くとも、今にきっと、金の星をはたき落としてやるからな」
と、言いながら、ほうきを振り回しましたが、もちろん、星は一つも落ちて来ません。
「あれ、おかしいな?」
 吉四六さんは、少し慌てました。
「ほれ、ほれ、落ちろ! はやく落ちろ! すぐに落ちろ!」
 怒鳴りながらほうきを振り回す吉四六さんに、村人の一人が言いました。
「だから駄目だって。もう止めなよ。屋根から落ちたら怪我をするよ」
「何、そう簡単にあきらめるものか。見ていろ!」
 吉四六さんは、むきになってほうきを振り回しました。
 するとその時、空の星が1つ、スーッと流れて、どこかへ落ちていきました。
 それは、流れ星です。
 でも、吉四六さんは、
「よし、やったぞ!」
と、大きな声で大喜びです。
「そら、そら、星が落ちただろう。わたしがほうきで落としたんだ。みんな早く行って、拾っておいで」

おしまい

前のページへ戻る


     2月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
プロ野球の日
きょうの誕生花
木瓜(ぼけ)
きょうの誕生日・出来事
1967年 森脇健児 (タレント)
恋の誕生日占い
珍しい物が大好き
なぞなぞ小学校
縦に割ったら3なのに、横に割ったら0になる物は?
あこがれの職業紹介
図書館司書
恋の魔法とおまじない 036
男の子が苦手なのを克服するおまじない
  2月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
星を落とす
きょうの世界昔話
王子さまの耳はロバの耳
きょうの日本民話
おだてて鼻が高くなる
きょうのイソップ童話
ロバと小イヌ
きょうの江戸小話
陰口(かげぐち)
きょうの百物語
牢の中の娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識