福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 2月の世界昔話 > 王子さまの耳はロバの耳

2月5日の世界の昔話

王子さまの耳はロバの耳

王子さまの耳はロバの耳
ポルトガルの昔話 → ポルトガルの国情報

♪音声配信(html5)
朗読 : 佐々木久美子

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「琴菜 ASMR」  琴菜 ASMR

♪音声配信(html5)
音声 琴菜 ASMR

 むかしむかし、子どものいない王さまとお后さまがいました。
 二人は、子どもが欲しくてなりません。
 そこで王さまは三人の妖精(ようせい)を呼んで、子どもを授けて欲しいと頼みました。
 すると三人の妖精は、
「その願いを、かなえてあげましょう」
と、約束してくれたのです。
 そしてひと月が過ぎると、お后さまに王子が産まれたのです。
 再び現れた三人の妖精は、魔法の力で王子に贈り物をすることにしました。
 まず、一人目の妖精が言いました。
「世界一美しい王子に、なりますように」
 次に、二番目の妖精が言いました。
「思いやりのある、賢い王子になりますように」
 次は三番目の妖精の番ですが、三番目の妖精は困ってしまいました。
 三番目の妖精が言おうと思っていた事を、前の二人が言ってしまったからです。
(どうしましょう。何かうまい言葉はないかしら?)
 しばらく考えた三番目の妖精は、こう言いました。
「それでは王子に、ロバの耳が生えますように。そうすれば決していばる事のない王子になるでしょう」
 それを聞いた王さまとお后さまはびっくりして、最後の願いを取り消してほしいと妖精たちに頼みました。
 けれども妖精の言葉は、一度言ったら取り消す事が出来ないのです。
 三人の妖精は、さっさと帰ってしまいました。

 それから間もなく王子の頭から、ロバの耳がニョッキリと生えてきました。
 それを見た王さまは、
(これは困った。やがてこの国の王にな者がロバの耳を持っているとわかったら、国民の笑い者になるぞ)
と、考えて、ロバの耳をすっぽりと隠してくれるボウシを作らせました。
 そして朝から晩まで、王さまはそのボウシを王子にかぶらせたのです。

 やがて王子は妖精の願い通り、美しく賢い王子になりました。
 もちろん、ロバの耳も大きく立派になりました。
 王子は生まれてから一度も髪の毛を切った事がないので、ボウシの中は長い髪の毛と立派なロバの耳でパンパンです。
 このままでは、ボウシがいつ破裂するか分かりません。
(これは困った。せめて王子の髪の毛を切らなくては)
 そこで王さまは床屋(とこや→髪の毛を切る人)を呼んで、こう言いました。
「王子の髪を切ってくれ。しかし、ボウシの下に見た物を人に話してはならないぞ。もし話したら、命はないものと思え」
「はい。わたくしは口が固いのが自慢です。ボウシの下に見た物は、誰にも話しません」
 床屋はそう約束したのですが、王子の耳がロバの耳である事を知ると、人に話したくて話したくてたまりません。
 でも、王さまとの約束を思い出して、ジッとだまっていました。

 そんなある日、床屋は教会へ行くと神父さんに相談しました。
「神父さま。わたしは、誰にも言ってはならない秘密を持っています。
 もし言えば、わたしは殺されてしまうのです。
 けれどもわたしは、このまま黙っているのが辛くてなりません。
 一体、どうしたら良いのでしょうか?」
 すると神父さんは、こう言いました。
「それなら谷間へ行って、穴を掘りなさい。
 そして穴の中へ、その持っている秘密を何度も叫ぶのです。
 そうすれば、きっと胸が軽くなるでしょう。
 その後で穴に土をかぶせておけば、その秘密はもれないでしょう」
 そこで床屋は谷へ行って穴を掘ると、
「王子さまの耳は、ロバの耳! 王子さまの耳は、ロバの耳!」
と、何度も何度も叫びました。
 すると神父さんの言った通り、床屋の胸の苦しさがすーっと消えたのです。
 喜んだ床屋は掘った穴に土をかぶせると、家に帰りました。

 それからしばらくすると、床屋が秘密を埋めたところからアシが生えてきました。
 そこへヒツジ飼いがやって来て、そのアシで笛(ふえ)を作りました。
 そしてヒツジ飼いがアシの笛を吹くと、笛は一人でに、
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
と、歌ったのです。
 この話は、すぐに国中に広まりました。
 そしてとうとう、王さまの耳にも届いたのです。
 王さまはヒツジ飼いにアシの笛を持って来させると、吹いてみるように命令しました。
 すると笛は、
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
と、歌ったのです。
 今度は王さまが、アシの笛を吹いてみました。
 するとやっぱり、笛は、
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
と、歌ったのです。
「この事を知っているのは、床屋しかいないはずだ」
 王さまは床屋を呼び寄せると、秘密をしゃべったかどうか聞きました。
 すると床屋は正直に、穴を掘ってその中に秘密を大声で叫んだ事を話したのです。
「けしからん! 約束通り、首をはねてやるぞ!」
 王さまはカンカンに怒って、家来に床屋の首をはるね様に命令しました。
 その時です。
 若い王子が出て来て言いました。
「床屋には罪はありません。どうか、床屋の命を助けてやってください」
 そして、
「わたしの耳の事は、もうみんなが知っています。
 今さら、隠している必要はありません。
 わたしはロバの耳を持っていても、きっと立派な王になってみせます。
 さあ、皆さん、よくご覧なさい」
と、言って、かぶっていたボウシを取りました。
 ところが不思議な事に、王子の頭には、もうロバの耳はありませんでした。
 自分の秘密をしゃべった床屋の命を救った、この立派な王子には、いばらない様にする為のロバの耳は必要なかったからです。
 そしてその時から、あの笛も、
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
♪王子さまの耳は、ロバの耳。
と、歌う事はなくなったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     2月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
プロ野球の日
きょうの誕生花
木瓜(ぼけ)
きょうの誕生日・出来事
1967年 森脇健児 (タレント)
恋の誕生日占い
珍しい物が大好き
なぞなぞ小学校
縦に割ったら3なのに、横に割ったら0になる物は?
あこがれの職業紹介
図書館司書
恋の魔法とおまじない 036
男の子が苦手なのを克服するおまじない
  2月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
星を落とす
きょうの世界昔話
王子さまの耳はロバの耳
きょうの日本民話
おだてて鼻が高くなる
きょうのイソップ童話
ロバと小イヌ
きょうの江戸小話
陰口(かげぐち)
きょうの百物語
牢の中の娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識