福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 >八匹のウシ

3月26日の日本の昔話

八匹のウシ

八匹のウシ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
蜂の折り紙はち   牛の折り紙うし

 むかしむかし、金持ちの旦那の家に、村一番のとんち男が駆け込んで来ました。
「旦那。とても珍しい物があったので、お知らせに来ました」
「珍しい物とは、何だね」
「それが、たのきのまたに、ハチが巣(す)を作っているのですよ」
「何じゃと!」
 この地方ではタヌキの事を、たのきと呼んでいます。
「タヌキの股にハチが巣を作るなんて、いくら何でもそんなバカな」
「本当ですよ。本当に、たのきのまたに、ハチが巣を作っているのですよ」
「そうは言っても、とても信じられん」
「うそではありません。もし本当だったら、どうしますね?」
「そうだな。わしが持っている八匹のウシを全部やろう」
「よしきた。では、ご案内します」
 とんち男は旦那を、近くの田んぼに連れて行きました。
 すると田んぼの中にある木の股に、ハチがせっせと巣を作っているのです。
「ほれ、ご覧の通り、田の木の股にハチが巣を作っているでしょう。さあ、約束通り八匹のウシを頂きます」
「しまった。だまされた」

 男にウシを後で渡すと約束した旦那が、とぼとぼ家に帰るとおかみさんが尋ねました。
「あれ、あんた。そんなにがっかりしてどうしたの?」
「それがな・・・」
 旦那から訳を聞いたおかみさんは、ニッコリ笑って旦那に言いました。
「それなら何も、八匹全部やる事はありませんよ。一匹で充分です」
「しかし、八匹と約束してしまったから」
「まあ、わたしに任せておきなさいよ」
 おかみさんはそう言うと一匹のハチを捕まえて来て、そのハチを一番やせたウシの尻尾に結びつけました。
 そこへとんち男が八匹のウシをもらいに来ると、おかみさんはウシのお尻を指差して言いました。
「はい、約束の、はちひきのウシです」
 それを聞いたとんち男は、思わず手を叩いて言いました。
「なるほど、確かにハチ引き(八匹=ハチ引き)のウシだ。こいつはやられたな」 
 とんち男はおかみさんのとんちに感心して、ハチを尻尾に付けたやせウシを連れて帰りました。

おしまい

前のページへ戻る

     3月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
カチューシャの歌の日
きょうの誕生花
春蘭(しゅんらん)
きょうの誕生日・出来事
1975年 石塚義之 (芸人)
恋の誕生日占い
少し無口なチャレンジャー
なぞなぞ小学校
昼間は短く、夕方は長く、夜になると消えるのは?
あこがれの職業紹介
バスガイド
恋の魔法とおまじない 086
次の冬も一緒に遊べるおまじない
  3月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
八匹のウシ
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 キツネを殺さずに、毛皮を手に入れる方法
きょうの日本民話
沼女の手紙
きょうのイソップ童話
ガチョウと間違えられた白鳥
きょうの江戸小話
入りにくい
きょうの百物語
山の化物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識