福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 >掛け声の代金

3月29日の日本の昔話

掛け声の代金

掛け声の代金
大岡越前の名裁き大岡越前とは?

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかし、あるとても大きな木を、二人の木こりが切ることになりました。
「ほう。これは立派な木だ。さぞかし高い値で売れる事だろう。さて、どうやって切り倒そうか?」
 すると、もう一人の木こりが言いました。
「よし、お前切れ。わしが掛け声をかけて、拍子をとってやるから」
「それなら、拍子を頼むぞ」
 そこで一人はまさかりを打ち込み、もう一人が後ろで切り株に腰をかけながら、
「よいしょ! よいしょ!」
と、掛け声で拍子を取りました。
 こうして、大きな木は切り倒されたのです。
 そして二人は、その木を木商いの旦那の所へ持って行くと、旦那は結構な額で木を買い取ってくれました。
「思ったよりも金になったな」
「ああ、もうかった。もうかった」
「さあ、金は山分けにしよう」
 掛け声をかけた木こりがそう言うと、木を切り倒した木こりが嫌な顔をしました。
「何で山分けなのじゃ? 木を切ったのはおれで、お前は掛け声をかけていただけだろう」
「何を言う。掛け声は大事や役目だぞ。だからおれにも半分くれ」
「いいや、半分もやれん。おれは汗水流していたのに、お前は切り株に座って、のんびり煙草を吸っていたじゃないか」
「いいや、山分けだ。どうしても半分もらうぞ」
「いいや、半分もやれん」
「それなら、裁判をしてもらおう」
と、言うことになり、二人は代官所へと行きました。
 そこでお代官に判断を下してもらおうとしたのですが、お代官もこんな判断は初めてなので、どうして良いのかわかりません。
 そこで今度は、名奉行と名高い、南町奉行の大岡越前守(おおおかえちぜんかみ)にお裁きをお願いしたのです。
 事情を聞いた越前は、二人の木こりに尋ねました。
「まずは、お前が木を伐ったのだな」
「へい、わしがまさかりで、『カーン、カーン』と木を切り倒しました」
「うむ、すると、もう一人のお前が、掛け声をかけたのだな」
「へい、わしが、『よいしょ、よいしょ』と、拍子をとってやりました」
「うむ。お前が『カーン』で、お前が『よいしょ』か」
「へい」
「へい」
「そうか。それで、木商人からもらったお金は、どこにあるのだ?」
「へい、わしが持っております」
「うむ、それではここに出してみなさい」
「へい。これです。五十文もくれました」
「よしよし、確かに五十文だ」
 越前はそのお金を受け取ると、それを庭にばらまきました。
 するとお金が、チャリーン、チャリーンと、心地よい音を立てます。
 それを見て、不思議そうな顔をする木こりたちに、越前が言いました。
「拍子を取った木こりよ。その方、今のお金が鳴る音を聞いたな」
「はい。確かに聞きましたが、それが?」
「うむ。お前の仕事は音を出すだけだったのだから、その代金も音だけで十分であろう」
 この判決を聞いて、木を切った木こりは喜んで頷き、掛け声の男もしぶしぶ頷きました。
「へい。ありがとうございます!」
「・・・へい。わかりました」
「うむ。これにて、一件落着!」

おしまい

前のページへ戻る


     3月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
マリモの日
きょうの誕生花
アリッサム(Alyssum)
きょうの誕生日・出来事
1982年 滝沢秀明 (タレント)
恋の誕生日占い
誠実で、明るく元気
なぞなぞ小学校
山に登った人が、必ずする事は?
あこがれの職業紹介
ホテルスタッフ
恋の魔法とおまじない 089
幸運が舞い込むおまじない
  3月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
掛け声の代金
きょうの世界昔話
ネズミとゾウ
きょうの日本民話
大工の神さまと天人
きょうのイソップ童話
ヒツジ飼いとオオカミの子
きょうの江戸小話
手品の種
きょうの百物語
妖怪の恩返し
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識