福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 > 大工の神さまと天人

3月29日の日本民話

大工の神さまと天人

大工の神さまと天人
鹿児島県の民話鹿児島県情報

 むかしむかし、あるところに、とても腕の良い大工さんがいました。
 でもこの大工さんには、まだお嫁さんがいません。
 そこで同じ村のきれいな娘さんに、
「ぜひ、わたしの嫁になってください」
と、お願いしたのです。
 すると娘さんは、嫁になるのを断る為に、
「たたみが六十枚もある、大きな家を一日で建てる事が出来たら、あなたの嫁になりましょう」
と、出来もしない事を言ったのです。
 しかし大工さんは、どうしても娘さんをお嫁にしたかったので、
「わかりました。何とかして、一日で家を建てましょう」
と、言ったのです。
(弱ったな。ああは言ったが、どうしよう?)
 大工さんは仕方なくワラ人形を二千個も作って、何やら呪文を唱えました。
 そしてワラ人形にフゥーーーッと、息をかけると、不思議な事にワラ人形はたちまち人間の大工さんになって、あっという間にたたみが六十枚もある大きな家を建てる事が出来たのです。
 大工さんは大喜びで、さっそく娘さんのところへ行くと言いました。
「約束通りに家を建てたから、わたしの嫁になってください」
「本当に?」
 娘さんが行ってみると、そこには大きくて立派な家が建っています。
 中を見ると、ちゃんとたたみが六十枚あります。
「わかりました。あなたの嫁になりましょう」
 こうして娘さんは、大工さんのお嫁さんになりました。

 大工さんとお嫁さんは、大きな家で仲良く暮らしました。
 そして二千人の大工さんたちは、日本中に散らばって、家を建てたり橋をつくったりしました。
 ところが何年か過ぎた頃、お嫁さんが大工さんに言いました。
「今まで黙っていましたが、わたしは天の国に戻らなくてはなりません。実はわたしは人間ではなく、天の国から来た天人(あめひと→天から来た人)なのです」
 すると、大工さんも言いました。
「実はわたしも、人間ではありません。わたしはてんごという大工の神です。それでは一緒に、天の国へ行って暮らしましょう」
 こうして大工の神さまと天人は、天高く登っていきました。

おしまい

前のページへ戻る


     3月29日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
マリモの日
きょうの誕生花
アリッサム(Alyssum)
きょうの誕生日・出来事
1982年 滝沢秀明 (タレント)
恋の誕生日占い
誠実で、明るく元気
なぞなぞ小学校
山に登った人が、必ずする事は?
あこがれの職業紹介
ホテルスタッフ
恋の魔法とおまじない 089
幸運が舞い込むおまじない
  3月29日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
掛け声の代金
きょうの世界昔話
ネズミとゾウ
きょうの日本民話
大工の神さまと天人
きょうのイソップ童話
ヒツジ飼いとオオカミの子
きょうの江戸小話
手品の種
きょうの百物語
妖怪の恩返し
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識