昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


ふくむすめどうわしゅう(福娘童話集) >にほんむかしばなし(日本民间故事) >四月

4月12日の日本の昔話

きんぴかのやかん
イラスト たつよ   提供 らくがきの日常


きんぴかのやかん
亮晶晶的铁壶

翻訳者 広東省恵州学院  周書敏

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

♪音声配信(html5)
音声 すまいるぼっくす

 むかしむかし、あるお寺の床下に、タヌキが住んでいました。
 很久很久以前,有座寺庙的地板下面,住着一只狸猫。

きんぴかのやかん

 このタヌキは頭の毛がうすい事から『はげダヌキ』と呼ばれていたのですが、何とこのはげダヌキは人助けが大好きなのです。
 这只狸猫的头发很稀疏,所以被叫做秃头狸猫,但它非常喜欢帮助别人。

 ある年の暮れの事、はげダヌキがお寺の近くのとうふ屋へ油揚げをもらいに行くと、とうふ屋の主人がため息をついていました。
 有一年年底,秃头狸猫去寺庙附近的豆腐店拿油炸豆腐时,听到豆腐店老板在叹气。

きんぴかのやかん

「困ったな。こうもお金がなくては、とうふをつくる豆も買えない」
“真是烦恼啊,像这样没钱的话连做豆腐的豆子都买不起了。”

 これを聞いたはげダヌキは、とうふ屋の主人に言いました。
 秃头狸猫听到这个后,对豆腐店老板说

きんぴかのやかん

「心配せずとも大丈夫。いつもおいしい油揚げをいただいている恩返しに、おいらが何とかしましょう」
“不要担心,没问题的。作为你一直给我油炸品的回报,我会想办法帮你的。”

きんぴかのやかん

 そしてはげダヌキは、きんぴかのやかんに化けて自分を売るように言ったのです。
 于是,秃头狸猫变成一个亮晶晶的铁壶,说是要把自己卖了。

 やかんは間もなく、通りかかった金持ちの旦那に買い取られました。
  铁壶不久之后就被路过的一个有钱老爷买了。

きんぴかのやかん

「これは良い買い物をした。全く素晴らしいやかんだ。もっとみがけば、もっと光るかもしれんぞ」
“这真是个好东西啊。真是个极好的铁壶。再擦一下,或许会变得更亮吧。”

 だんなはさっそく、やかんをみがき始めました。
 老爷立刻开始擦起铁壶来。

きんぴかのやかん

 やかんに化けていたはげダヌキは、くすぐったいやら痛いやら。
 变成铁壶的秃头狸猫,觉得又痒又痛。

 でも、ばれてはいけないので、じっと我慢していると、みがかれすぎて、ただでさえうすい頭の毛をツルツルにされてしまいました。
 但是,因为不能被发现。只能一动不动地忍耐。因为擦得太用力,本来就已经很少的头发变得光滑起来。

(ああっ、大切な頭の毛が・・・)
(啊,我心爱的头发啊。。。)

 これ以上みがかれてはたまらないので、はげダヌキは旦那が手を離したすきに逃げ出して、お寺の床下に隠れました。
 再这样擦下去真是受不了,秃头狸猫趁老爷的手离开的间隙逃了出去,躲在寺庙的地板下面。

きんぴかのやかん

「ああ、こんなツルツル頭では、恥ずかしくてどこにも行けないや。でも、とうふ屋に恩返しが出来て良かった、良かった」
“啊,这样光溜溜的头,真是难为情,哪儿也不能去。不过还好报答了豆腐店的老板了。太好了,太好了。”

 それからもはげダヌキは人助けを続けて、人々に大切にされたと言う事です。
 在这之后,秃头狸猫继续帮助人,被人珍重着。

おしまい
結束

前のページへ戻る

     4月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
世界宇宙飛行の日
きょうの誕生花
杏子(あんず)
きょうの誕生日・出来事
1966年 広瀬香美 (歌手)
恋の誕生日占い
たくさんの夢を持っている
なぞなぞ小学校
龍が9匹いるスポーツは?
あこがれの職業紹介
花火師
恋の魔法とおまじない 103
恋人と長続き出来るかを確かめる占い
  4月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
きんぴかのやかん
きょうの世界昔話
リップ、バン、ウィンクル
きょうの日本民話
アマガエルが鳴く理由
きょうのイソップ童話
ヘビの尻尾と胴体
きょうの江戸小話
気のきく男
きょうの百物語
天井を歩く女
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識