福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 5月の日本昔話 > 雷さまとクワの木

5月2日の日本の昔話

雷さまと桑の木

雷さまとクワの木

♪音声配信(html5)
音声 Judy

 むかしむかし、お母さんとニ人暮らしの男の子がいました。
 ある日、お母さんが男の子に言いました。
「畑にナスを植えるから、町へ行ってナスのなえを買って来て」
「はーい」
 男の子は町へ行くと、一番値段の高いなえを一本だけ買って来ました。
 それを見て、お母さんはがっかりです。
「お前は何で、もっと安いなえをいっぱい買って来なかったの? 一本しかなかったら、育てても大した数にならないのに」
「うーん、そうだったのか」
 でも男の子は、心の中でこう思いました。
(一本きりでも、この値段の高いなえなら、きっとたくさん実がつくはず)
 確かにその通りで、ナスのなえは植えたとたんにグングンと伸びていったのです。
「どうだい。やっぱり値段の高いなえは違うだろう? わあ! 話している間にも、雲を突き抜けたぞ」
 ナスのくきは、雲を突き抜けても成長をやめません。
 やがてナスは薄紫の花を咲かせると、それはそれは見事な実をいっぱい実らせたのです。

 次の日の朝、男の子は家からはしごを持ち出しました。
 それを見つけてお母さんが、あわてて言います。
「こら、どこへ行くつもりだ? ナスを登るつもりなら、危ないからやめなさい」
「危なくないさ。じゃあ、ちょっくら行ってくる」
「だめ! やめなさい! 落ちたらどうするの? お父さんも、屋根から落ちて死んだのだから」
「大丈夫、大丈夫」
 男の子はそのまま、ナスの木を登っていきました。

 さて、男の子がナスの木を登って雲の上に出ると、そこには立派なお屋敷がありました。
 男の子がお屋敷の扉を開けてみると、中にはナスを持ったおじいさんがいました。
「あっ! それは、おらのナスじゃないか?!」
 男の子が叫ぶと、おじいさんが言いました。
「ほう、このナスは、お前さんが植えたナスだったか。おかげで毎日、おいしくいただいていますよ」
 おじいさんは男の子に礼を言うと、男の子をお屋敷の中に連れて行きました。
 中には二人のきれいな娘がいて、男の子を一晩中、歌や踊りでもてなしてくれました。

 次の朝、男の子が目を覚ますと誰もいません。
「あれ? みんな、どこへ行ったのかな?」
 男の子がつぶやくと、ふすまの向こうからおじいさんの声がしました。
「起きたか。わしらは仕事に行ってくるから、留守番をしといてくれ」
「仕事? 雲の上にも、仕事があるのか?」
「もちろん。これで結構、忙しいのさ」
「なら手伝うから、おいらも連れて行ってくれ」
 男のはそう言いながら、ふすまを開けました。
 そしておじいさんの姿を見てびっくり。
「うわっ! 鬼だ、鬼だぁ!」
 何とおじいさんは、頭に二本の角が生えた鬼だったのです。
 その横には、二人の鬼の娘も立っています。
 怖くなった男の子は、真っ青な顔で言いました。
「おいらの肉はまずいぞ。だから食わないでくれ!」
 それを聞いた鬼のおじいさんは、大笑いです。
「ワッハハハハ。わしたちは、人間を食べる悪い鬼でねえ。わしらは雨を降らす鬼なんじゃ。ほれ、こんな具合にな」
 そう言って鬼がたいこを鳴らすと、娘たちがひしゃくで雨を降らせました。
「わかった、おじいさんは、かみなりさまだったのか」
「そうじゃ、かみなりさまだ。だからこれから、雨を降らせに行くんじゃ」
それを聞いて安心した男の子は、鬼に言いました。
「それなら、おいらも一緒に行く」
「よし、それならこの雲に乗りなさい」
 鬼は足下の雲を大きくちぎると、二人の娘と一緒に男の子を乗せました。
 みんなを乗せた雲はすーっと動くと、今から雨を降らせる場所まで移動しました。
 雲の端から下をのぞいて、男の子が言いました。
「あっ、ここはおいらの村だ!」
 鬼は立ち上がって、たいこを鳴らしました。
 娘の一人が、かがみで光を地上へてらしました。
 このたいこの音とかがみの光が地上へ届いて、いなびかりとなりました。
 もう一人の娘がひしゃくの水をまくと、それが地上へ届いて大雨となりました。

 ちょうどその日は、村の夏祭りでした。
 突然のいなびかりと大雨に、集まっていた村人たちはびっくりです。
「うわあ! 夕立だあっ」
 それを雲の上から見ていた男の子は、逃げる村人たちの様子が楽しくてたまりません。
「ねえ、娘さん、おいらにも、雨のひしゃくを貸してくれ」
 男の子はひしゃくを借りると、面白がって雲の上から雨を降らせました。
 おかげで村は、滝の様な大雨です。
「それっ、それっ。逃げろ逃げろ、早く逃げないと、もっと降らせるぞ」
 男の子は調子に乗って、何度も何度もひしゃくの水をまきました。
 そしてその時、男の子は足を滑らせて、雲の上から落ちてしまったのです。
「うわっ、助けてくれ! まだ死にたくないようー!」
 男の子は雨の中を落ちていき、下にあったクワ畑の中へ飛び込みました。
 ドッシーーン!
 しかし何と、男の子は運良くクワの木に引っかかって、命だけは助かったのです。
 これを見て、かみなりさまが言いました。
「ああ、せっかく、わしの後をつがせようと思ったのに。地面に落ちてしまっては仕方がない」
 でも、もっと残念がっていたのは、二人の娘たちでした。
 二人とも、男の子のお嫁さんになりたいと思っていたからです。

 それからというもの、クワの木のそばには、決してかみなりは落ちないと言われています。
 なぜかと言うと、男の子を助けてくれたクワの木へ、かみなりさまが感謝しているからです。

 だから今でも、クワの枝を家の軒下へぶら下げて、かみなりよけにしている家があるそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     5月2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
えんぴつ記念日
きょうの誕生花
ライラック(lilac)
きょうの誕生日・出来事
1956年 秋元康 (作詞家)
恋の誕生日占い
世話好きでピュアな心
なぞなぞ小学校
かわいたところに生える草は?
あこがれの職業紹介
秘書
恋の魔法とおまじない 123
嫌な客が早く帰るおまじない
  5月2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
雷さまとクワの木
きょうの世界昔話
アリババと四十人の盗賊
きょうの日本民話
二羽のカモ
きょうのイソップ童話
ライオンとイルカ
きょうの江戸小話
日本のすずめ
きょうの百物語
頷く人形
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識