福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 6月の日本昔話 > 釣り舟清次のお札

6月18日の日本の昔話

髪の長い娘とナマズ

釣り舟清次のお札
東京都の民話東京都情報

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかし、江戸の海辺にある古長屋に、清次(せいじ)という漁師が住んでいました。
 清次は海に乗り合いの釣り舟を出して暮しをたてていましたが、お客のない時は自分で魚を釣って売っていました。

 ある日の事、その日はお客がなかったので、清次は朝早くから沖へ舟を出してキスと言う魚を百匹ばかり釣りあげました。
 そして、港に帰ってくると、
「ほほう。これは見事なキスじゃな。一匹、おれにくれぬか」
と、えりの立った衣を着た大男が、長いひげをなでながら言いました。
「はっ、はい」
 清次が魚を手渡すと、何と男は大きな口を開けてその魚を生のままパクリと一口で食べてしまったのです。
「・・・!」
 びっくりした清次がぽかんと口を開けていると、男がたずねました。
「お前の名は、何というんじゃ」
「はっ、はい。せっ、せっ、清次と申します」
「そうか。実はわしは、みんなにきらわれておる疫病神(やくびょうがみ)だ。
 だがお前は、そんなわしに親切にしてくれた。
 こんな事は、初めてだ。
 魚をもらった礼に、良い事を教えてやろう。
 よく聞いておけよ。
 『釣り舟 清次』と書いた紙を家の戸口に貼っておけば、わしはその家には決して入らないし、もし入っていてもすぐに出て行くだろう」
「ほっ、本当ですか! ありがとうございます」
 疫病神が決して来ないなんて、こんな良い事はありません。
 清次が頭を深々と下げると、疫病神はもうどこにもいませんでした。
 家に帰った清次は、さっそくこの不思議な話を家族や長屋の人たちにしました。

 それからしばらくたった、ある日の事です。
 長屋の奥に住む藤八(とうはち)のおかみさんが、はやり病にかかって苦しみ出したのです。
 藤八は清次の話を思い出すとすぐに清次の家に行って、『釣り舟清次』と紙に書いてくれと頼みました。
 そしてその紙を自分の家の戸口に貼り付けると、不思議な事におかみさんの病はすでに治っていたのです。
「清次さんよ、わしにも書いておくれ」
「わたしにも書いてくだされ。お金なら、たんと払いますので」
 うわさを聞いた人たちが、ひっきりなしに清次の家へやって来るようになりました。
 それから清次は釣り舟を出すのをやめて、毎日毎日『釣り舟清次』という字を紙に書いて、疫病除けのお札をつくるようになったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

     6月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
海外移住の日
きょうの誕生花
面高(おもだか)
きょうの誕生日・出来事
1991年 岡本 玲 (モデル)
恋の誕生日占い
明るく元気な女の子で、男女関係なく人気があります
なぞなぞ小学校
手や足によく出てくる植物は?
あこがれの職業紹介
サウンドエンジニア
恋の魔法とおまじない 170
テストで良い点を取るおまじない
  6月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
釣り舟清次のお札
きょうの世界昔話
むすびこぶ
きょうの日本民話
貧乏長者
きょうのイソップ童話
ヤギとロバ
きょうの江戸小話
れんこんの穴
きょうの百物語
人食いウサギ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識