昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集(Hukumusume fairy tale collection) > 日本昔話(Japanese classical stories) >7月(July)

タヌキと彦一

タヌキと彦一
The Raccoon and the Hikoichi

彦一(ひこいち)話 → 彦一について(Introduction to Hikoichi)

日本語(Japanese)  ・英語(English)中国語(Chinese)

日本語(Japanese)&英語(English)日本語(Japanese)&中国語(Chinese)

英訳翻訳者 花田れん

♪音声配信(html5)
音声 朗読の翼

♪音声配信(html5)
音声 おやすみなさい。またあした。

 むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。
 Once upon a time, there was a very clever child named Hikoichi.

 この彦一の家の裏山には一匹のタヌキが住んでいて、毎日旅人にいたずらをしては喜んでいました。
 A raccoon lived in the mountain behind Hikoichi's house and played tricks on travelers every day.


 ある晩の事、タヌキは旅人に化けると、彦一の家にやって来ました。
 One night, a raccoon turned into a traveler and came to Hikoichi's house.

「こんばんは、ちょいと、ひと休みさせてくださいな」
"Good evening. I'd like to take a break here for a moment."

 戸を開けた彦一は、この旅人は裏山のタヌキに違いないと思いましたが、知らぬ顔で家へ入れてやりました。
 When Hikoichi opened the door, he thought that this traveler must be the raccoon from the mountains behind him, but he let him into the house without knowing it.

 しばらくするとタヌキは、彦一に尋ねました。
 After a while, the raccoon asked Hikoichi,

「ところで彦一どんには、何か怖い物はあるか?」
"By the way, is there anything you're afraid of, Hikokichi-don?"

 それを聞いた彦一は、このタヌキをからかってやろうと思いました。
 Hearing this, Hikoichi decided to make fun of the raccoon.

「う~ん、怖い物か。
''Hmmm, something scary.

 そう言えば、一つだけあった。
 Well, there was one thing.

 でも恥ずかしいから、誰にも言わないでくれよ。
 But it's embarrassing, so don't tell anyone.

 実はな、まんじゅうが怖いんじゃ」
 Actually, it's the Manjū (a bun with a bean‐jam filling) that scares me."

「えっ? まんじゅう?
"Huh? Manju?

 あの、食べるまんじゅうか?!
 Is that the Manjū you're eating?

 あはははははっ、まんじゅうが怖いだなんて」
 Ahahahahahahaha, you're afraid of Manjū."

「ああ、やめてくれ!
"Oh, no!

 おら、まんじゅうって聞いただけで、体が震えてくるんだ。怖い怖い」
 Just hearing the word "Manjū" makes me shiver. Scary, scary."

  ブルブルと震える彦一を見たタヌキは、
(これは、いい事を聞いたぞ)
と、大喜びで、山へ帰って行きました。
 The raccoon saw Hikoichi trembling, so he was overjoyed and went back to the mountain (I've heard a good thing).

 次の朝、彦一が目を覚ましてみると、何と家の中に出来たてのまんじゅうが、山ほど積まれていました。
 The next morning, Hikoichi woke up to find a pile of freshly made Manjū in the house.

「おっかあ、馬鹿なタヌキからまんじゅうが届いたぞ。さあ、一緒に食おう」
"Mom, I've got Manjū from that stupid raccoon. Come on, let's eat together."


 彦一とお母さんは大喜びで、タヌキが持ってきたまんじゅうを食べました。
 Hikoichi and his mother were delighted and ate the pile of Manjū brought by the raccoon.

 その様子を見ていたタヌキは、だまされたと知ってカンカンに怒りました。
 When the raccoon saw this, he knew that he had been tricked and became furious.

「ちくしょう! タヌキが人間にだまされるなんて! この仕返しは、きっとするからな!」
"Goddamn it! A raccoon is tricked by a human! I'm sure I'll get revenge for this!"


 そしてその日の夜、タヌキは村中の石ころを拾い集めて、彦一の畑に全部放り込んだのです。
 That night, the raccoon picked up all the stones in the village and threw them all into Hikoichi's field.

(えっへへ。これで彦一のやつ、畑仕事が出来ずに困るだろう)
(Heh heh heh. This will cause trouble for that Hikoichi guy, who can't do any field work)


 よく朝、畑仕事に来た彦一とお母さんは、畑が石ころだらけなのでびっくりです。
 The next morning, Hikoichi and his mother come to work in the field and are surprised to find that the field is full of stones.

「ああ、家の畑が!」
"Oh, the field of the house!"

 お母さんはびっくりして声をあげましたが、しかしそれがタヌキの仕業だと見抜いた彦一は、わざと大きな声でお母さんに言いました。
 Her mother screamed in surprise, but Hikoichi saw that it was the raccoon and said in a loud voice to her.

「のう、おっかあ。
"Hey, Mom.

 石ごえ三年というて、石を畑にまくと三年は豊作(ほうさく)だと言うからな。
 It is said that if you scatter stones in the field, you will have a good harvest for three years, called stone manure.

 誰がしたかは知らんが、ありがたい事だ。
 I don't know who did this, but thank goodness to him.

 これが石ではなくウマのフンじゃったら、大変な事じゃったよ」
 If it had been horse poop and not stones, we'd be in big trouble."

 それを隠れて聞いていたタヌキは、とてもくやしがりました。
 The raccoon, who was listening to it in secret, was very chagrined.

(ちくしょう! 石ごえ三年なんて、知らなかった。・・・ようし、石ではなく、ウマのフンなら大変なんだな)
(God damn it! I didn't know about stone manure for 3 years. ...Well, if it's horse poop and not stones, you're in big trouble...)

 そしてその晩、タヌキは彦一の畑の石を全部運び出すと、今度はウマのフンを彦一の畑にうめておいたのです。
 That night, the raccoon carried all the stones out of Hikokichi's field, and this time he filled up Hikokichi's field with horse poop.


 さて、タヌキのまいたウマのフンは、とてもよいこやしになって、秋になると彦一の畑ではとても見事な作物がたくさん取れました。
 Well, the horse poop that the raccoon sprinkled turned out to be a very good fertilizer, and in the fall, Hikoichi's fields produced a lot of very nice crops.

「ちくしょう。おらでは、どうしても彦一にはかなわねえ。・・・くやしいよう」
"God damn it. I'm no match for Hikoichi. ...I'm jealous."

 作物の実った畑を見て、くやし泣きをするタヌキに、彦一が声をかけました。
 Hikoichi called out to the raccoon that was crying in frustration when he saw a field with crops.

「おーい、タヌキどん。お前にも、家の畑でとれたサツマイモを分けてやるぞ。何しろお前のまいたこやしのおかげで、とてもよく育ったからな」
"Hey, Raccoon-don. I'm going to share the sweet potatoes from my field with you. After all, the fertilizer you sprinkled on them has made them grow very well."

「あっ、ありがとう」
"Oh, thank you."

 それからはタヌキはいたずらをやめて、裏山でおとなしく暮らしたということです。
 From then on, the raccoon stopped playing tricks and lived quietly in the mountains behind him.

おしまい
End

ワンポイントアドバイス。Noblesse oblige

前のページへ戻る
(Click here to return)

     7月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
納豆の日
きょうの誕生花
グロキシニア(Gloxinia)
きょうの誕生日・出来事
1991年 前田 敦子 (タレント)
恋の誕生日占い
人を引きつけるオーラで、男の子も女の子も集まります
なぞなぞ小学校
ハンガーを使わない県は?
あこがれの職業紹介
児童福祉司
恋の魔法とおまじない 192
恋愛運アップのおまじない
  7月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
タヌキと彦一
きょうの世界昔話
かしこい大臣
きょうの日本民話
鬼が笑う
きょうのイソップ童話
サヨナドリとタカ
きょうの江戸小話
川の深さ
きょうの百物語
ものを言うネコ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識