福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 8月の日本昔話 >お嫁さんになれなかったウグイス

8月31日の日本の昔話

お嫁さんになれなかったウグイス

お嫁さんになれなかったウグイス
静岡県の民話静岡県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、とても美しい娘さんが、毎日のように村へやってきました。
「なんて、きれいな娘だ。あの娘のむこになりたいな」
 村の男たちは、みんなうっとりして娘さんを見つめました。

 ある日の事、一人の男が、
「おら、何としても、娘のむこになってやるぞ!」
と、娘さんのあとをつけていったのです。
 そうとは知らない娘さんは、村を出るとどんどん山の方へ行きます。
(はて、どこまで行くのやら?)
 男が不思議に思いながらもついていくと、山の中に立派な屋敷があり、娘さんはその中へ入っていきました。
 男も急いで、屋敷に飛び込みました。
(おや、誰もいないのかな?)
 男がキョロキョロしていると、さっきの娘さんが出てきて言いました。
「何か、ご用ですか?」
 男は地面に手をついて、娘に言いました。
「頼む! 何でもいう事を聞くから、おらをあんたのむこにしてくれ!」
 すると娘さんは、にっこり笑って言いました。
「わたしは、この屋敷に一人で住んでいます。もしむこになりたかったら、三年の間、わたしのいるところを見ないで働いてください」
「わかった、約束する」
 男は喜んで、さっそくこの屋敷で働くことにしました。
 でも娘さんは奥の部屋にこもったきりで、二度と姿を見せません。
 まきを割ったり、水をくんだりと、男は毎日一生懸命働きましたが、さみしくてたまりません。
 それでもがまんして、娘との約束を守りました。
 そしていよいよ、あと六十日で三年になるという時、男はどうしても娘さんを見たくてたまらなくなりました。
(たったひと目、ひと目だけなら大丈夫だろう)
 男はこっそり、娘さんのいる奥の部屋に行きました。
 部屋の前に立つと、中から静かにお経を読む娘さんの声が聞こえてきます。
(お経か? どうしてお経なんか読むのかな? まあいいか)
 男はどきどきしながらふすまを少し開けて、そっと中をのぞいてみました。
 すると娘さんは大きな三方の上に座って、一心にお経を読んでいました。
 三方というのは、おもちやおそなえものをのせる台です。
 部屋の中だというのに娘さんの隣には梅の木が立っていて、美しい花が咲いていました。
 男がびっくりしてふすまを閉めようとすると、それに気づいた娘さんが急に泣き出しました。
 男はあわてて、娘さんのそばへ行くと謝りました。
「かんべんしてくれ。ただ、あなたをひと目見たくて」
 すると娘さんは、涙をこぼしながら言いました。
「わたしは、ウグイスです。あと六十日で一緒になれるというのに、どうして約束を守ってくれなかったのですか? このお経を読んでしまわないうちに人に姿を見られては、もう人間になることは出来ません」
 そのとたん娘さんが飛び上がり、男は気を失ってしまいました。
 しばらくして男が目を開けると娘さんの姿も屋敷もなく、山の中に一人でぽつんと座っていました。
 男のそばには古い梅の木があり、花の咲いた枝の上で一羽のウグイスが鳴いていたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
野菜の日
きょうの誕生花
サルビア(salvia)
きょうの誕生日・出来事
1961年 ANRI(杏里)(シンガー)
恋の誕生日占い
人の気持ちに敏感な、デリケートで几帳面な女の子
なぞなぞ小学校
目に足が生えた生き物は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
監督・コーチ
恋の魔法とおまじない 244
両思いになれる呪文
  8月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
お嫁さんになれなかったウグイス
きょうの世界昔話
仙女
きょうの日本民話
橋立小女郎(はしだてこじょろう)
きょうのイソップ童話
病人と医者
きょうの江戸小話
来年は同じ
きょうの百物語
カッパの年貢(ねんぐ)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識