福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 9月の日本昔話 > あぶらあげ

9月30日の日本の昔話

あぶらあげ

あぶらあげ
東京都の民話 → 東京都の情報

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかし江戸に、おいしいと評判のあぶらあげ屋がありました。
 ある日、このあぶらあげ屋に、身なりのいいキツネ目のさむらいが現れて主人にたのみました。
「百文(→三千円)ほど、いただきたい」
「はい、ありがとうございます」
 主人が百文分のあぶらあげをお皿にのせて差し出すと、さむらいは店先に腰をかけてペロリとたいらげました。
「うん、これは評判通りだ」

 それから何日かすると、あのさむらいがまたやってきて、前と同じように百文分のあぶらあげをペロリとたいらげました。
「うまい。わたしは日本中のあぶらあげをたべているが、ここのあぶらあげこそ天下一品。なかまにもしらせよう」
 それを聞くと、主人はおかみさんに言いました。
「おい、今のを聞いたか? あのお方は、いなりさんの使いのキツネにちがいないぞ。大事にすれば、わが家はますますさかえる」

 それから何日かすると、またあのさむらいがやってきて、百文分のあぶらあげをペロリとたいらげました。
 けれどためいきをついたりして、これまでとは様子がちがいます。
「お客さま。何か、心配事でもあるのですか?」
 主人がたずねると、さむらいは恥ずかしそうにいいました。
「実は、急に京へのぼらねばならなくなったのだが、旅費(りょひ)がたらんのだ」
「そうでございましたか。あの、お客さまは、大のお得意さまですので、旅費でしたら、わたしどもにおまかせください。で、いかほど、ご入り用なのです?」
「十五両(→百万円ほど)もあればよい」
(高いなあ。・・・だが、わが家がはんえいするのなら、安いものだ)
 主人は喜んで、十五両のお金をわたしました。
お金を受け取ったさむらいは、
「五日たてばもどる。それまで、これをあずけておく」
と、キツネの宝物の『宝珠の玉(ほうしゅのたま)』でも入っていそうな包みを差し出して、そのまま立ち去っていきました。
「おい、今のを聞いたか? 五日で京へ行って戻るとは、やはり人間わざではない。きっと、いなり神社の大もとの『伏見(ふしみ)いなり』へ行かれたのだろう」
「そうでしょうとも。これで、ごりやくは間違いありませんね」
 主人もおかみさんも、すっかりその気になりました。

 ところがさむらいは十日たっても、百日たっても帰ってはきません。
「これはおかしい。どうも変だぞ」
 主人が預かっていたつつみをあけたところ、ただの石ころがゴロンと出てきたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
くるみの日
きょうの誕生花
葉鶏頭(はげいとう)
きょうの誕生日・出来事
1966年 東山紀之(俳優, 歌手)
恋の誕生日占い
美人で要領の良い女の子
なぞなぞ小学校
二本足の文房具は?
あこがれの職業紹介
ヘッドスパケアリスト
恋の魔法とおまじない 274
お肌ツルツル効果のおまじない
  9月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
油あげ
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 愛馬リトアニア馬との出会い
きょうの日本民話
乙姫さまのくれたネコ
きょうのイソップ童話
波を数える人
きょうの江戸小話
ぱたぱたとふうふう
きょうの百物語
谷底の笑い声
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識