福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 >中ぶらりんの鐘

10月7日の日本の昔話

中ぶらりんの鐘

中ぶらりんの鐘
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもとんちの出来る人がいました。

 ある日の事、お寺参りに来た二人の男が、釣り鐘の下で大声で言い合いをしていました。
「おれはこの寺の鐘を、むかしから見て知っとるが、ぶらりと下がっとる。間違いはねえ!」
「いや違う。この鐘は、下がってぶらりとしとるんじゃ!」
「いや、ぶらりと下がっとる!」
「いや違う。下がってぶらりじゃ!」
 どっちも負けずに言い合って、一歩もゆずりません。
 そこで二人は一両のお金をかけて、通りかかった人にどっちが正しいかを判断してもらおうという事にしました。

 さあ、そこへちょうどやって来たのが、吉四六さんです。
「さあ、吉四六さん。どっちが正しいか、決めてくれ」
 二人の言い分を聞くと、吉四六さんは、
「まずは、一両ずつ預かりましょう」
と、言って二人からお金を受け取ると、吉四六さんはわざと難しい顔で、
「うーん。ぶらりと下がると、下がってぶらりか。・・・はて、どっちかのう?」
と、言いながら、釣り鐘の回りを、ぐるぐると見て回りました。
「吉四六さん、早く決めてくれ」
 二人が詰め寄ると、吉四六さんはまじめな顔をして言いました。
「そうだ!
 この鐘は、中ぶらりんじゃ。
 『ぶらりと下がる』でも『下がってぶらり』でもなく、『中ぶらりん』じゃ。
 だから、どっちが勝ちでもない。
 ・・・しかし、お金の中ぶらりんは困るだろうから、これはおらがもらっておこう。
 では、さいなら」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
 あっけにとられている二人を残して、吉四六さんは二両のお金をふところにしまうと、さっさと帰ってしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
盗難防止の日
きょうの誕生花
キウイ(kiwifruit)
きょうの誕生日・出来事
1984年 生田 斗真 (俳優)
恋の誕生日占い
想像力豊かで、独創的なファッションセンスの持ち主
なぞなぞ小学校
引っ越しが好きな県は?
あこがれの職業紹介
フォトセラピスト
恋の魔法とおまじない 281
活力・元気が出る
  10月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
中ぶらりんの鐘
きょうの世界昔話
十二月の贈り物
きょうの日本民話
あこや姫
きょうのイソップ童話
水遊びをする子ども
きょうの江戸小話
うまい物とまずい物
きょうの百物語
言うな地蔵
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識