福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 >あこや姫

10月7日の日本民話

あこや姫

あこや姫
山形県の民話山形県の情報

 むかしむかし、千歳山の麓に、あこや姫という、とても琴の上手なお姫さまが住んでいました。
 ある夜の事、あこや姫が琴を弾いていると、
♪ピーヒャララ
と、どこかからか素晴らしい笛の音が聞こえてきました。
 あこや姫がその笛の音色に聞き惚れて、思わず琴の手を止めると、その笛の主である若者が姿を現して、こう言いました。
「私は、名取の左衛門太郎という者です。あなたの琴の音に惹かれて、ここまでやって来ました。さあ、あなたの琴をお聞かせ下さい」
「はい。それでは、ご一緒に」
 それからというもの、あこや姫が琴を弾き始めると、若者は笛を吹きながら現れるようになったのです。
 そんなある日の事、今日も笛を吹きながらやって来た若者が、沈んだ表情であこや姫に言いました。
「実は私は、千歳山の老松なのです。明日、私は、流された名取川の橋材として切り倒される事になったのです。ですから、もうここには来られなくなりました」
 若者はそう言って悲しくほほえむと、すーっと、煙のように姿を消してしまいました。
 次の日、あこや姫が名取川に言ってみると、左衛門太郎が言っていた通り、村では名取川の大橋が洪水で流されていて、その代わりに老松が切られる事になっていたのです。
「そんな・・・」
 びっくりしたあこや姫が、その老松の所へ行ってみると、すでに老松は切り倒された後でした。
 けれど不思議な事に、村人たちがその老松を運ぼうとしても、老松は見えない根でも生えているかのように、びくとも動かないのです。
 けれど、あこや姫が老松のそばに来て、切られた老松に手をかけると、今までびくともしなかったのが嘘のように、老松は動き出したのです。
 それから数日後、あこや姫は老松が切られた場所に若松を植えて、万松寺を建てて菩提を弔ったのです。
 やがてこの松は、『あこやの松』と呼ばれるようになり、あこや姫と老松が最後に別れた峠を、『笹谷峠』と呼ぶようになったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
盗難防止の日
きょうの誕生花
キウイ(kiwifruit)
きょうの誕生日・出来事
1984年 生田 斗真 (俳優)
恋の誕生日占い
想像力豊かで、独創的なファッションセンスの持ち主
なぞなぞ小学校
引っ越しが好きな県は?
あこがれの職業紹介
フォトセラピスト
恋の魔法とおまじない 281
活力・元気が出る
  10月 7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
中ぶらりんの鐘
きょうの世界昔話
十二月の贈り物
きょうの日本民話
あこや姫
きょうのイソップ童話
水遊びをする子ども
きょうの江戸小話
うまい物とまずい物
きょうの百物語
言うな地蔵
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識