福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 >手土産のウナギ

10月12日の日本の昔話

手土産のウナギ

手土産のウナギ
青森県の民話 → 青森県の情報

 むかしむかし、ある百姓の若者が商人にあこがれて、自分も何か商売をやってみようと思いました。
 でも、商売をするには元手となる資金が必要です。
「困ったな、おれみたいな貧乏人には、誰も金を貸してくれないし」
 色々考えた若者は、村の長者に頼んでみようと思い、手土産に大きなウナギを桶に入れてかついで行きました。
 長者の家に着くと、若者は手土産のウナギを長者に差し出して、さっそく長者にお願いしました。
「わたしは青森の八戸に行って、馬を十二頭ほど買ってきたいのです。そのお金を貸していただけませんか。必ずお返ししますので」
 黙って話を聞いていた長者は、若者に言いました。
「話しはわかりましたが、あなたと直接話しをするのは、今日が初めてです。そんなあなたに、お金を貸す事は出来ません」
「・・・そうですか。では、失礼します」
 あきらめた若者は、土産に持ってきたウナギをかついで、長者の屋敷を出て行きました。
 すると、長者の家の下男が追いかけて来て、若者に言いました。
「旦那さまがお呼びでございます。もう一度、お戻り下さい」
 そして再び座敷に通されると、長者が言いました。
「わたしのところへお金を借りに来る人はずいぶんいますが、持ってきた土産を持ち帰ったのはお前が初めてだ」
「すみません。このウナギは、次に頼む人への土産にします」
「なるほど。物を無駄にせず、使える物は何度でも使う。どうやら、商売の基本は知っている様だな。・・・よし、お前に、お金を貸してやろう」
「本当ですか! ありがとうございます」
 こうしてお金を借りた若者は、大喜びで長者の家を飛び出すと、すぐに八戸へ行って馬を十二頭買いました。
 そしてその十二頭の馬を村人たちに売ると、もうかったお金でまた馬を買い、隣の村まで売り歩きました。
 これを繰り返して大金を手にした若者は、借りたお金を長者に返すと、残ったお金を元手に立派な商人になったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


    10月12日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
たまごデー
きょうの誕生花
唐辛子(とうがらし)
きょうの誕生日・出来事
1960年 真田広之(俳優)
恋の誕生日占い
ふんわりとした暖かみが魅力
なぞなぞ小学校
服装が立派な県は?
あこがれの職業紹介
バリニーズセラピスト
恋の魔法とおまじない 286
火事をおこさないおまじない
 10月12日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
手土産のウナギ
きょうの世界昔話
太陽を拾ったジャッカル
きょうの日本民話
キジも鳴かずば、撃たれまいに
きょうのイソップ童話
大きい魚と小さい魚
きょうの江戸小話
下からのぞいていた
きょうの百物語
あかんべえお化け
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識