福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 > 長ーい文字

10月19日の日本の昔話

長ーい文字

長ーい文字
一休さんのとんち話 → 一休さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、一休さん(いっきゅうさん)と言う、とんちで評判の小僧さんがいました。

 ある日の事、隣村のお寺へ出かけた和尚(おしょう)さんが、なにやら浮かぬ顔で帰って来ました。
 そして和尚さんは、庭を掃除していた一休さんを見るなり言いました。
「おお、一休。
 わしは今日、隣村の和尚とえらい約束をしてしもうた。
 頭の良いお前に、知恵(ちえ)を貸してほしいのじゃ」
「はい、わたしでお役に立つ事でしたら」
「そうか、いつもすまんのう。
 実は、隣村の和尚と話をしていて、お前の事が話に出た。
 わしが、
『一休は知恵者で、何でも知っておるし、何でも出来る』
と、言うたら、あの和尚のやつ、
『それなら知恵者の一休に、日本一長い字を書いてもらおう』
と、言いおった。
『そんな事くらい、一休なら簡単じゃ』
と、わしも引き受けたんじゃが。
 ・・・一休、お前に出来るかのう?」
 それを聞いて、一休さんは頭をポリポリとかきました。
「はあ。・・・仕方ありませんね。日本一長い字、明日までに何とか考えてみます」

 次の朝、一休さんは和尚さんのところへ行くと、ニコニコしながら言いました。
「和尚さん。日本一長い字を書きますから、隣村のお寺へお使いを出して、あちらからうちの寺まで紙をしきつめる様に言ってください。
 それと、竹ぼうきで作った筆と、たらいにいっぱいの墨(すみ)を用意してください」
「おお、出来るのか! よし、わかった!」

 さて、日本一長い字を書く用意が出来ると、一休さんは隣村のお寺に出かけました。
 隣村の和尚さんは、一休さんに言いました。
「まったく、こんなにたくさんの紙を用意させおって。書けるもんなら、書いてみろ。ただし、もし書けなかったら、紙代を弁償(べんしょう)してもらうぞ」
「ご心配なく。それでは、わたしについてきてください」
 一休さんは竹ぼうきで作った太い筆に墨をたっぷりふくませると、つううううーっと、紙の上にまっすぐな線を走らせました。
 その線はどこまでもどこまでもまっすぐ続き、一休さんたちのお寺でようやく止まりました。
 隣村の和尚さんは、一休さんに怖い顔で言いました。
「なんじゃあ、これは!?
 これは、ただの線ではないか!
 こんな物は、字とは言えん。
 さあ、約束通り紙代を弁償してもらおうか」
 すると一休さんはニッコリ笑い、今まで引いてきた線の最後をピンと右にはねて言いました。
「はい。これで日本一長い字が書けました」
「字だと? これのどこが・・・、あっ!」
「そうです。これは、ひらがなの『し』でございます」
 こうして見事に日本一長い字を書いた一休さんのとんちは、ますます評判となりました。

おしまい

前のページへ戻る


    10月19日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
バーゲンの日
きょうの誕生花
苦瓜(にがうり)
きょうの誕生日・出来事
1987年 木村 文乃 (女優)
恋の誕生日占い
笑顔が可愛い女の子で、放つオーラはアイドル級
なぞなぞ小学校
鳥が取れやすい県は?
あこがれの職業紹介
タクシー運転士
恋の魔法とおまじない 293
恋愛運が下がる
 10月19日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
長ーい文字
きょうの世界昔話
悪魔の目薬
きょうの日本民話
ネズミを退治するには
きょうのイソップ童話
イタチとヤスリ
きょうの江戸小話
万の字
きょうの百物語
ガラクタお化け
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識